膝乗り

ねじが膝に乗って過ごすことが増えました。
膝に乗るのを飼い主は"お膝アトラクション"と言って喜んでいます。
b0239781_01041154.jpg
↑撫でて~と頭をこっつん、ぶつけてきたり。
b0239781_01042429.jpg
↑膝というよりお腹に乗って貼り付いて過ごしたり。
b0239781_01043937.jpg
↑ちゃんと膝の上で体勢を整えて丸くなったり。
b0239781_01045458.jpg
↑身体全て預けきって毛繕いをしたり。この時ってなぜか体重がずっしり感じられる不思議。
b0239781_01051169.jpg
↑だらんと身体を伸ばしながら、一緒にオリンピック中継を眺めたり。
b0239781_01052561.jpg
↑包んでやると気持ち良さそうにじっとしていたり。
膝に乗って過ごすことが当たり前、乗られるのが当たり前って、実はすごいことなのかも。
当たり前になっている日常をありがたいと思える気付き。

時々、猫が神仏じゃないかと崇めたくなるのは。
きっと、猫飼いあるあるですよね。
ええ、私だけ?(笑)
ねじに生かしてもらってるように思ったり。
膝から伝わる体温に優しい気持ちに導かれてる気がします。

[PR]

# by retz_retz_retz | 2018-02-12 01:03 | 猫のねじ | Comments(6)

今季の冬は異様な寒さ

寒い。
寒い寒い寒い寒い寒いよぉ!
部屋にエアコンはありますが、経済的事情で殆んど使いません。
夏異様に暑く冬はさほど寒くない部屋ですが、年々暑さ寒さに弱くなっているのを自覚します。
今季の冬は異様な寒さが続きますね。
殆んど使わないエアコンの暖房を朝晩短時間だけ使っています。
でないとヒートショックで死にそう。
いやほんと、本気で不安な寒さです。
そりゃ、寒冷地にお住まいの方々にしてみれば鼻で笑われるような寒さとは思いますが。

さてさて、このしばらくの色々を。
b0239781_18164083.jpg
↑ 最近買い替えました。ボタンの反応が悪くなってきたので、操作にストレスを感じてしまって。
早ければ数年で閉経時期でしょうが、長ければ10年は使うかな?
婦人系の病気も基礎体温で気付ける事があるそうなので、壊れるまで使えたら良いです。
目覚まし時計の代わりにもしているのですが、音が変わったので気付きにくく毎朝驚いて起床しています。
b0239781_18165661.jpg
↑ やはり冬の寒さはねじにも堪えるらしく、嫌でも吐く回数が増えています。
推測するに冬はブラッシングやコーミングが間に合っていなくてお腹に毛が溜まりやすいのかと。
ねじ自身も寒さには弱いタイプではないかと思います。
ねじのお布団、中でリバースすることが増えて、なんだかんだ月に一度洗濯しているように思います。
b0239781_18171005.jpg
↑ 母の部屋の大掃除で発掘された硯。
中学高校の書道の宿題をするのに、墨汁禁止の学校だったので墨をすって書いていました。きっかけは覚えていませんが父が贈ってくれた硯です。
大学で書道の講義を選択してこれらを持って通いました。
教室などに習いには行ったこと無いのですが、判読できる程度には筆も使えます。
色々思い出す事の多い硯で、懐かしい記憶を楽しんでいます。
そうそう、母の介護保険利用申請の審査の返事が届きました。要支援認定です。近いうちにコーディネーターさんに訪問してくださるよう約束までたどり着きました。
b0239781_18172484.jpg
↑ ねじは戸を自分で開けることなく、飼い主に開けるよう呼びつけます(笑)
ちょうど暖房してねじの居る部屋の方が暖かかったので出してやりませんでした(笑)
ねじは寒くても飼い主の側が良かったらしく、不満そうな声を出していました。
それもまた可愛いんですよね。
b0239781_18173871.jpg
↑ 可愛いついでに。
前開きのパジャマを所持していなかったので購入しました。
これはサンリオのキティちゃん柄。
もう一着購入したのはディズニーのマリーちゃんの柄。
どうもキャラ物が好きなのは幾つになっても矯正できないようです(笑)
b0239781_18175434.jpg
↑ 暖房中にチラリと見たらコロンコロンしてました。やはり暖かいと転がりたくなるのが猫ってもんですよね。
可愛い~と頬の筋肉が緩みましたが、冬場は部屋が寒くて殆んどコロンコロンさせてやれなくて不憫にも思います。
働ける身体になるまで回復できる見込みが無いのが辛い。
でも、少しでも近付けるように努力はしないとね。
ねじに暖かい部屋を与えてやりたい。
そんな夢は寝て見ろと笑われそうだけど。
思ってしまいます。
b0239781_18181065.jpg
↑ 落花生の味噌を使って豚汁を作りました。脂が多くてギトり気味になったけど美味しくできました。
はまりそう。
うちの近所のセブンイレブン、生の豚肉が並んでたんです。
割高だけど、最寄りのスーパーより至近距離だから身体が悪い人間にとっては強力な味方!
試しに1パック購入して使用してみましたがこんなに美味しいってヤバい肉じゃないよね?って心配に(笑)
ふ、普段はスーパーで買います……

文末になりましたが。
ころたんさんの訃報を知りました。
胸の調子が悪いと不安そうなコメントをたくさん貰っていたので気になってました。
心不全だったのか、元から持つ他の病が原因か分かりませんが…
ご冥福をお祈り申し上げます。

私自身は狭心症歴が無駄に長いので、危機的不安感に乏しい一面、日頃からもしもを想定しすぎな暮らしのため、命に対してサバサバし過ぎかと…少々反省しています。
私も今季の冬は例年より発作回数が多いので正直な気持ち、綱渡りです。
近くに循環器科を挙げる内科病院がありますが、メインではないようですので、循環器科をメインに挙げる内科病院を近場で探し直している最中です。
ホントは一刻も早く受診するべきなのですが。
病気って、悩ましいですね。
人間は簡単には死なないようにできているけど、死が決まればあっさりしたものです。
母に昔から「あんたは生き運がある、病気まみれだけど簡単には死なん」と言われています。
憎まれっ子世にはばかる、でしたか。
たぶん、慢心で生き長らえる嫌な種類の人間なんだろうなと節々で思います。

なんだろう。
なんだかな。
へこんでしまっています。
でも、ころたんさんは私をへこましたかったんじゃないから。
平常心を保たないと。ね。
さびしくなったけど、元気に過ごさなきゃ。
それが私にできる御供養かも。

[PR]

# by retz_retz_retz | 2018-02-06 18:11 | 猫のねじ | Comments(10)

甘々アマちゃん

突然平常運転に戻った生活。
まだ愛猫ねじは甘えたい欲求が強いようです。
b0239781_04101256.jpg
飼い主が布団に入れば一緒に潜り込み。
b0239781_04102990.jpg
出かける支度をしていれば、必死に妨害甘えん坊工作にあの手この手。
花粉症対策で点眼薬や軟膏を出してもらいに眼科に行きました。
そろそろ老眼が出てくる年齢だけどどう?って(笑)
左右差があるから、近くを見るときはそちらを酷使して疲れが出るのは自覚してるけど、もう少し我慢できるなら頑張りたいな~、なんて返事。
難しいなら眼鏡の処方箋出すからね、って。
b0239781_04112267.jpg
飼い主のお食事&お料理チェックもなかなか厳しいです(笑)
b0239781_04124549.jpg
↑お赤飯の残りで甘酒を。
ヨーグルティアで万全の保温で発酵。
甘い甘い、かつて口にしたことがないほど甘い甘酒ができました。
そうそう、ヨーグルティアs使用でひよこ豆白味噌も美味しいです。落花生味噌と交互に使って消費しています。
b0239781_04135979.jpg
ミックス粉利用のチーズケーキを炊飯器で。
ミックス粉は猫には毒になるものが添加物で入っていたら危ないので、欲しがってもお裾分けできません。
チーズの香りがするから、乳製品大好きなねじには酷な物を見せたかも。
b0239781_04155887.jpg
夜中に目が覚めて冴えて眠れない時に、お茶淹れて飲んでたりすると。
トコトコ出てきてピョンとテーブルに。
そっと頭を当てて甘える仕草。
b0239781_04161606.jpg
そして膝に(お腹かも?)移動して喉を鳴らして過ごします。
なんていうのか、この当たり前のような時の流れにありがたいなと思うのです。

眼科に行った後、帰りに母に電話を。
コンビニで良ければ、食べるものが要るなら買って届けるよ、と。
案の定、買い物に出ていないらしく。
あれこれそれこれ。
かさ張ると私も不自由な身体なので苦痛になりますが、今回はなんとかなり(笑)
笑えてるから今は良いけれど。
毎回になると私も厳しいかな。
出入りする限りでは今のところまだ部屋はきれいです。
気になって私がささっと簡単に掃除しちゃうのが良くないのですが。
他は袋ラーメン率が高いのが気になるかな…
野菜など加えて食べているからマシだけど、腎臓機能が衰えてきているから。
塩分が私には気掛かりで。
でも、自炊して食べているのだからハードルを上げる様なことも言えないし。
親の衰えを間近に見ながら暮らす悩みや不安としては、避けられない事象かもしれませんね。

[PR]

# by retz_retz_retz | 2018-01-30 04:07 | 猫のねじ | Comments(8)

解放感

ねじの飼い主、解放感に浸っています。
母がようやく退院できました。
b0239781_04054613.jpg
退院当日(昨夜ですね)の夕飯は私の部屋で支度しておいたものを。
赤飯と汁以外は全部コンビニ惣菜ですが(笑)
母はお正月にお赤飯が食べられませんでしたから退院祝い兼ねて。
白味噌仕立ての落花生味噌汁は美味しいと喜んでくれました。
b0239781_04092504.jpg
部屋でお留守番を頑張った母の犬。
お世話の同時進行で減量もさせました。
軽くなってきて俊敏さも多少なり改善。
はしゃいで走り回る姿が犬らしく見えます(笑)
今後の課題はリバウンドですので、甘やかして肥らせないように干渉する事が増えると思います。
排泄が垂れ流し生活になっていた原因も分かりました。
環境をある程度調えてやってからは多少失敗することはあっても当て付けションも皆無で指定しているトイレトレイできちんと排泄できています。
全ては…
母の掃除不足でトイレトレイやケージ(サークルとも?)が汚くて使いたくなくカーペットの上に排泄するよう変化していったようです。
b0239781_04192657.jpg
母の入院中の様子見や部屋の大掃除に、たくさん労いの言葉を頂戴し、慰労として物品を頂戴したり。
はたまた弁当を持ってきてくれたり。
リアの友人やネットでの友人に気持ちを支えてもらいました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
上の写真は友人が甘酒キットをお弁当と一緒に渡してくれたのを作ったもの。
量が多いために発酵器のヨーグルティアは使えなくて炊飯器で作りました。
米と米麹で味がけっこう変わるのに気付きました。
美味しい。また材料買って作ります♪
粒々も美味しいけど半分は滑らかにして。
ミキサー、古いけどバリバリ現役です(笑)
b0239781_04311481.jpg
そして。
やっぱり愛猫ねじの存在。
居るだけなのに、助けられました。
かけがえのない、愛おしい存在ですね。
なんとか頑張れました。

さて、一息できたので今度は自分の通院行脚になります(笑)
体調管理、頑張ります(^o^)

[PR]

# by retz_retz_retz | 2018-01-27 04:04 | 猫のねじ | Comments(20)

やっぱり愛猫は味噌が苦手

まだ落花生で味噌仕込みに執着しています(^^;
時短白味噌レシピの改編で。

今回は千葉県産の落花生。
殻剥きで乾かしただけの生落花生。
条件によっては発芽するものです。
丸一日浸水させてから高圧力鍋で加熱。
b0239781_21391592.jpg
米麹と塩を混ぜておき、煮汁でふやかして。
b0239781_21425366.jpg
温度は一応50度以下にしてから混ぜてます。
落花生は大豆と同じで親指と小指で押し潰せる固さまで煮ています。
それをフードプロセッサーで滑らかにしてから塩切り米麹、煮汁と混ぜました。
b0239781_21450316.jpg
フードプロセッサーで潰すと空気がかなり入るようでホイップクリームみたいなんです。
それを更にミキサーで混ぜるからますますクリームみたいに(笑)
空気抜きが難しいくらい空気を含んでしまって困りました。
空気抜きは課題です。
b0239781_21491764.jpg
で、とにかく詰めて押して押して圧迫しまくって、発酵を。
定刻に取り出すと灰色をしていた味噌は薄く茶色に変化していました。
b0239781_21541284.jpg
フードプロセッサーで再度滑らかに。
ここでまた空気が入ってしまうんで難儀しました(^^;
でも、これで米も潰せてまるで市販品みたい。
ともあれ、保管にはやはり空気を含みすぎるので再び圧縮圧縮!
ぎゅうぎゅう詰めました。
で、試食。
塩気はこのくらいが私には飲みやすいです。
b0239781_22091015.jpg
そしてねじはやはり味噌は苦手な様子です。

味は味噌です、間違いなく(笑)
浅い発酵なので落花生の風味があります。
味も、香りも。
なのに、味噌。
前に仕込んで生じたあの薬品臭のような、油が酸化したような臭いはありませんでした。
表現が難しいのですが、落花生の香りと味噌の香りが混ざって優しい甘い香りがします。
落花生で仕込むなら今後は時短仕込みが無難に思いました。
ちなみに今回は煮汁の量が多かった気がするから、次に作るときは減らすつもりです。
お汁にして飲むのは今回仕込んだ味噌にして、夏仕込みの味噌は漬け物をするのに使って消費して行こうと思います。
大豆の味噌とは豆が完全に違うから、お腹に対するアプローチがどう変化するか。
日程差をつけて、ひよこ豆を浸水させて経過を見ています。
ひよこ豆も時短レシピの改編で仕込んでみたいと思います。
お腹に合う味噌を作る事ができれば、私の体調に佳い変化があると信じて(^o^)

ねじは味噌の香りが苦手な様子ですので、迷惑かも?(^^;
それでもテーブルまで来て食事に付き合ってくれる優しい仔です。

[PR]

# by retz_retz_retz | 2018-01-14 21:35 | 猫のねじ | Comments(8)