<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

疲労と愛猫の膝乗りと布団潜り

忙殺中のretz(りっつ)です。
先月の体調不良の頃から不整脈の生じる時間が増えていて、酸欠金魚みたいに暮らしています。
対処する処方薬はあるし、さほど危険なタイプでは無いので誤魔化しながら過ごしています。
(母が退院したら、私も久しぶりに循環器科に行きたいと思っています。掛かっていた病院は先生が亡くなったので新しく探す必要が)
母の病状は一度悪化し約一週間遅れで検査を行い、方針が決まって加療が始まったのに体の反応が鈍いのか回復は非常にゆっくりとした歩みです。
私からしてみれば悪化しないで回復傾向ですから遅くても効果があるならありがたく思っています。
母にしてみれば飼い犬のことや自宅の状況など細々気になるでしょうから、焦りが生じるのも理解できます。
不在であっても家の維持で生じるお金の流れも懸案でしょう。
あれこれ頼まれるので、ほぼ毎日お使い事をして様子見に通っています。
母も昔と比べれば気弱になってきた面もあるのだと思います。
どうこう言いながら、私を使って顔を見て安心しようと無意識にしているのではないかな?
普段の暮らしでは有り得ないほど毎日活動して疲れもかなり蓄積しています。
働けていた頃はどうやって疲労回復をしていたのだろう。
思い出せませんが、今の体なりに工夫を試みて過ごしています。

母の退院の目標は年内。
難しいなら年末年始の一泊だけ帰宅できるように症状のコントロールをしてみようと先生と話しました。
二週間の予定がはるかに過ぎてしまったから、母は残念がるのですが治して帰らないと。

愛猫ねじもはじめの頃は私が不在にする時間が増えたので拗ねてしまって大変でした(笑)
今は落ち着いてお利口さんに過ごしています。
b0239781_02094268.jpg
部屋用ダウンジャケットを着ると潜りに来ます。
b0239781_02103333.jpg
猫の頭頂部って、見てると和むのはなぜかしら?
b0239781_02111952.jpg
ダウンジャケットを着ていなくても膝に乗る事が増えてきました。
b0239781_02121494.jpg
高座椅子と言うのでしょうか。
安いものをやっと見つけたので購入しました。
体重が重いからギシギシ軋みますが壊れる心配はなさそうです。
リクライニングで倒せる角度は少ないのですが、それなりにゆったり。
そのおかげか、ねじが膝に乗る時間が増えました。
b0239781_02125956.jpg
撫でてやる時の幸せそうな表情や明らかに甘えている表情に嬉しくなります。
b0239781_02135146.jpg

お馴染みのお布団で過ごす姿も。
b0239781_02144775.jpg
たまにはお尻が出ていることも(笑)
それも可愛いです。
b0239781_02153278.jpg
フリースケットは乗せて放置ですが、きちんとお布団に潜るんですよ。
私が羽布団の上に毛布を乗せて休むのを観察している結果のように感じて仕方がありません。

ねじと一緒に暮らせていて良かったな。
きっと、ねじが居てくれるから今を過ごせてる。
私も不調を少しでも減らして健康に近づけるようにしたいです。

[PR]

by retz_retz_retz | 2017-12-21 00:51 | 猫のねじ | Comments(24)

師走らしく、あわただしく

先月、体調を悪くしてホトホト参りました。

ヘルペス出そうになり薬を出してもらって、大爆発は免れて軽く済み。
胃腸炎みたいな下しや痛みにもかなり困りましたが、よく効く薬を出してもらって。
扁桃腺も危うく腫れそうだったけど、内服薬が効いて軽い痛みで済み。
微熱続きでしたが、やっと楽になったと安心したのが月末でした。

が。
母が電話を寄越してきて。
今日からって言われたけど準備が要るから明日からって応急処置で帰って来た。
応急処置?
肺に水が溜まって不整脈が出たから入院することに。
母は犬を飼っているので、入院となるとペットホテルに預けるか誰か世話人を手配する事になるのです。
その手配のためにごねて帰宅したようでした。
結局犬は預けるにも預けるだけ金銭面に余裕などありませんから、私が引き受けることに。
同じ建物同じフロアの2戸離れですからね。
世話はそんなに負担はありません。
負担はありませんがね…
b0239781_17112303.jpg
可愛い顔してますが、トイレの躾ができてないから室内垂れ流し生活。
母の入院中にトイレトレーニングするだけの日数はありますが、私が躾ても母が帰宅すれば木阿弥ですのでしません。
排泄物処理が……想像にお任せします。
少なくとも、犬とっては環境の変化が最低限で済むのでストレスは軽いかな?

1日から入院で行けなくなったあちこちの預けものや引き取りものやらを代わりに私がお使いに走り回りました。
これが一番疲れました。
私、態度はデカいが気は小さい質です。
お使いに走り回りながら、母の具合を並みに心配してました。
そのせいか、夕方辺りから心労理由か断続的に気絶するような感じで何度か倒れかけました。
幸い、毎回近くにいた人がぶっ倒れないようにがっしり支えてくれまして、難を逃れました。
私ね、かなり体重があるから支えるの大変だと思うんです。
それを立ったままで崩れ落ちずに支えるって。
助けてくれた人、何かコツを知ってる方ですよね?
頭を打つとか物を破損させるとか無くて幸い。
でも、助けてくれた人にちゃんとお礼が言えたかすら覚えてません。
情けない。

今日は自分のリハビリ通院で午前中が潰れて、午後から頼まれたものを持って顔を見に行き。
色々管が繋がってはいても、死ぬほど重篤ではないようで笑い声も出すから少し安心。
しっかり治して帰って来てもらわないと。
犬が健気に待ってますからね。

b0239781_17455472.jpg
今日の帰りは自宅から反対方向になるショッピングモールへ足を伸ばしてみました。
前から気になっていた軽い陶器?の食器シリーズで猫柄を見つけていたので。
購入してきました。
贅沢しちゃった!

b0239781_17485635.jpg
今年のツリーはタペストリーにしました。
飾りは一部手作り。
他は出来合いを探してきました。
目が慣れるまでは違和感でタペストリーは失敗だったかと悶々しましたが。
今は気に入っています。
愛猫ねじも普通のツリー同様にちょいちょい触ったり引っ張ったりして。
楽しんでくれているようです。

文末になりましたが…
リンクを貼ろうか悩んだのですが…
猫ブログ繋がりのチャオミママさんが亡くなったと訃報が。
美味しい料理やお菓子、パン…
楽しいお酒の話。
何より猫たちへの愛情たっぷりのお話。
あたたかで優しくて…明るくて穏やかなイメージを抱かせてもらっていました。
気持ちがついてきません。
さびしくなります。
先に虹の橋に向かった猫ちゃんたちが、チャオミママさんを暖かく迎えてくれといると信じています。
ご冥福をお祈り申し上げます。

[PR]

by retz_retz_retz | 2017-12-02 16:56 | 猫のねじ | Comments(16)