人気ブログランキング |

カテゴリ:その他の記録( 11 )

バテた

単身者の恐怖。
急な体調不良。

どうしてあの時の違和感を素直に受け止めて判断しなかったのだろう、と後悔しても遅いもんです。
その日は前日前々日睡眠が取れていませんでした。
友人から連絡があり、軽く食事をしにファミレスへ。
友人は遅い昼食で、私も付き合って昼食を食べたのです。
だけど食い意地の塊のような私が珍しく、今あまりお腹が減ってないんだよねぇ…と確かに自分でポロリと言ったのをよく覚えているのです。
ドリンクバーだけにしようか迷って、結局食事もしたのですが「なんかこのハンバーグもコロッケもギトいなぁ」そう思いながら食べたのです。
帰宅して夕方、催してきて痛みがヤバい系だと直ぐ分かりました(笑)それでも、出すもの出せば治まると見込んでいたのです。
が、おかしい、これは変だ。
お尻を拭いて立ち上がり、振り替えって便器に視線を落として。
やっちゃったあ、という経緯です。
夕方にキツく来たのは寝不足もあり、自律神経失調症も現れていたのだと思います。
b0239781_01010592.jpg
大変でした。
ざっくり話すと、いつぞやの虚血性腸炎によく似た症状を起こして倒れていました。違うのは痛むには痛むけど、腸が渋らなかったことかな。
粘液に包まれた血液の下痢、再来。
どうも、この状態の下血便をイチゴジャムと例えるそうで。
病院に行くなら話すのに必要だから写真を撮しましたが、なるほど…しばらくイチゴジャムを口にするのをためらいそうです(笑)
b0239781_01010515.jpg
もうね、トイレの前から動けなくて。
ねじちゃんも心配してくれたのかずっと側にいてくれました。
ねじちゃんの付き添いは特に二日目の夕方から夜にかけての不調時を思い出すと驚き。
過去に熱中症をしているので、夏場は電気代が怖いけど室温湿度の管理に気を付けています。温湿度計では快適ゾーンに針がある状態。
にも関わらず、体温は普通なのに凍えるような悪寒と滴るような汗と激しい頭痛。交感神経と副交感神経の切り替わりが上手くいかないのと体調不良が重なるわけで。
ねじちゃんは私の側で断続的に鳴きながらいました。
まるで声かけをしてくれてたみたい。
こっちは寒いは痛いは吐きそうで吐けないは気持ち悪いは、もうどうしようかってうずくまるしかなかったのですが。
心配させたのかもしれないし、私を落ち着かせようと彼女なりに考えてくれたのかもしれません。
こうして思うと、やっぱりねじちゃんは賢い。
賢いって表現も変な感じだけど。
私のことを一緒に暮らす生命体だと認識してるんでしょうね。
b0239781_01010699.jpg

母を呼びつけて、経口補水液や液体食などをおつかいに行ってもらって準備。
母は昔と比較すれば嫌でも理解力が衰えているので、噛み砕いて話し正しく解釈したかしっかり確かめる作業がこちらにも必要になっています。
こちらも不調真っ只中で話すのは大変だったけど、なんとかなりました。
本来ならば一目散に病気に行くべきだけど、下痢が落ち着かないと外に出られないし。
自分自身でも判断力が鈍るから決め切れないんですね。
オタオタして二日間下痢and下血and時々タール便と向き合いました。
b0239781_01010640.jpg
ねじちゃんは私が起き上がると後ろをついてきてました。
流し台に立って水を飲むだけなのに足下にきていたり。飲み終わって戻るときは先導して前を歩いたり。
トイレに入ったらトイレ前で出待ち。普段はそう出待ちをする子ではないので、彼女なりに考えることがあったのかも。
b0239781_01010665.jpg
二日経過したあたりから強くはないものの胃腸の痛みを実感していたので病院には行かないとならないと漠然と思っていましたが、体力気力が削がれていて外に出るに至らず。
b0239781_01024943.jpg
ねじちゃんは枕元横にあるタワーに駐在。
ケージのお布団にはほとんど入らずタワーから私を見て過ごしていました。
b0239781_01024959.jpg
下血便がおさまってきてから液体食を口にしたり、葛湯を作るつもりが間違えて葛練りして葛餅作ってしまい食べたり。
葛を混ぜた粥を食べたりして、じわじわと胃腸のリハビリを。
まだゆるゆる便だけど、固形物らしい物を食べていないから仕方ないかな?
ただ、葛は改めて薬効を体感しましたよ。本葛粉は常備しよう、しみじみ思いました。
b0239781_01025012.jpg
胃の痛みを感じなくなってきたので粥もしっかり形のあるのを作ったり、刻み野菜を乗せたりして、荒いかなと思うけど食べ始めました。
b0239781_01025037.jpg
腸に移動すると後半でシクシク来るから、まだ時間が必要なんだろうな…。粥もまだ腹痛伴って下しています。購入した液体食は下さなくなりました。この差は何だろう。
b0239781_01025049.jpg
ねじちゃんは今日になって自分のお布団に入って休むようになりました。
と、言うことは。
きっと私の体調は良くなってきてる。
彼女の態度を見ると自分の体調が分かるって(笑)
明日は下さないで普通な排便になると助かるな~。

病院は盆休前の通院があるから、その時にまだ症状があったら相談しようかな。急変してぶり返すのは避けたいです。

by retz_retz_retz | 2019-08-09 01:00 | その他の記録 | Comments(15)

豚肉の糠漬け

豚肉の糠漬け。
1日漬けました。
b0239781_19291687.jpg
糠床を払い。まずは観察。
特別変化は見られません。
b0239781_19291673.jpg
水で流して水分を除きました。
筋きり、繊維切りして叩きました。
普通のポークステーキの手順と変わりなし。
b0239781_19291607.jpg
塩だけ飛ばしてコショウと少量のオリーブ油をかけて焼きました。
b0239781_19291601.jpg
香りも普通のポークステーキ。
b0239781_19291778.jpg
糠があっても匂いなどはなし。
b0239781_19293688.jpg
味はポークステーキ。
漬物の味はしませんでした。
b0239781_19293758.jpg
塩はしなくて当然ながら正解です。
しっかり塩が染みていました。
私の感覚では塩辛いくらいです。
固すぎずパサつきもなく。

塊肉を漬けて食べてみたいです!
これは期待してしまいます。

やはり、肉の種類で質感が変わるのかな?
風味が著しく変化するとかあるのかな?
これは気になります。

塩分摂取量が気になるので次は当分先ですけど、試してみたいです。

そんなこんな。令和に改元されても私には変化はなし(笑)
食い意地にも変わりなしです(笑)

by retz_retz_retz | 2019-05-01 19:28 | その他の記録 | Comments(4)

恒例の写真観賞とその他

この時期恒例の、岩合光昭さんの写真展へ行って来ました。
内容はネタバレしないために黙っておきますね。
サクッと言うなら、猫の賢さを再確認した写真展でした。
タレント猫って凄いわ。
b0239781_19314241.jpg

映画も今してるから行けば良いのだけど、時間のタイミングか難しい。ゴールデンウィークの最中には人が多くて気分負けてしまうから避けたいし。となると、テレビ放送まで待つしかないかな。
b0239781_19314204.jpg

展示会場外に貼り出されるわが家のネコちゃん写真展、例年通り渡したので展示してもらえました。今回は郵送受付だったので例年比較著しく少なかったです。
b0239781_19314234.jpg
うちのお猫様ははじっこに(笑)

さて、月半ばから糠床を仕込みました。何とか糠床らしいものができました。連日気を良くして漬物食べていたら一気に血圧が高くなって驚きました。直ぐに食べる量を調整したので、血圧は元にもどりました。
塩の血圧を上げる力を思い知りました。怖い~。
b0239781_19314375.jpg
とか言いながら、豚肉を糠漬けに。
今日してみた話なので、美味しくできたなら話題にします。
話題にしなかったら、失敗したと思ってください(笑)
b0239781_19314305.jpg
一枚はポークステーキで食べました。
久しぶりに肉の形を留めた調理をしたような。
美味しかったです♪ 

岩合光昭さんの写真展以外は場所移動してねこ休み展にも立ち寄りました。
snsで人気の猫ちゃんたちの写真をまじまじ見てきました。
みんなイキイキしていて素晴らしい。気分を上げてもらえたように思っています。

by retz_retz_retz | 2019-04-30 19:31 | その他の記録 | Comments(6)

酷い雨でした

一瞬だけ蝉の声を耳にして、直ぐに雨降りの日に突入しました。
豪雨でしたが、静かな雨でした。
強いのは強いのだけど強さに変化がなくて、一定の強さで"サー"っと言えばちょうど良さそうな雨音でした。
風なども吹かなかったので、静かな雨でした。
静かに災害が起こる、そんなこともあるのだと。怖かったです。

うちは三角州の中で、昔の表現で言うと旧市内。
報道で惨状を伝えられている地域ではありません。
そんな市内も道路が冠水して、盛り土で嵩ましされている道を求める車で大渋滞していました。
我が家の前も冠水。歩道も冠水。
あと少しで一階フロアは浸水だったろうと思います。
地下に水が流入したら停電したり給水ポンプも停止、エレベーターももちろん止まるだろうから、母に電話して何があっても部屋から出るなと言って私もおとなしく過ごしました。
いや、もしも停電なんかしたら後で修繕費が臨時で徴収される可能性も生じるから、そっちの意味でもハラハラしました。
(管理組合名義で災害保険に加入してるはずですけど端金が必要では?と不安に)
夜中から翌朝まで、断続的に安否確認と励ましのメッセージを受信。心細くなっていたのでとても助かりました。
夜遅くまで放水路からサイレンが聞こえてきたのは珍しい体験になりました。
翌朝なんとか被害無く水は引いても、特別警報は出たまま。
リハビリ通院日でギリギリまで行くか悩み、公共交通網の復帰を参考にして行く決心。
帰りにスーパーマーケットに立ち寄ったら、何事かって思う程の人。
パンだけ入荷が無いようで品薄でしたが、他のものは在庫があったのかしっかりありました。
でも、セブンイレブンは品薄でがらがらの陳列棚でしたよ。
まだしばらくはこの調子だと思います。
今日も用があって役場に行ったついでに買い物へ。
うってかわって、恐ろしいほどの暑さ。
ドラッグストアで洗剤やゴミ袋等含む衛生用品を購入しただけで、暑さのせいで調子が悪くなりそうに感じて帰宅しました。
ドラッグストアのペットのお水は安いせいか品切れ。
私も欲しかったけれどまだ6Lはあるはずだから店のハシゴは止めました。水道も働いてますしね。
で、結局今の食生活は普段とさほど変わらず。
冷凍野菜と冷凍食品等適当に加熱して食べています。
それとダイエットドリンク(笑)
ダイエットドリンクって案外最低限バランス取れてるから、粉を溶く水さえあればなんとかなります。
我が家は幸い停電もガスストップも断水も無く済みましたので、掃除洗濯炊事入浴に問題ありません。
ねじちゃんのご飯もトイレ砂も約二ヶ月分ストックがあるので大丈夫です。
不足物資が生じたら送るから遠慮無くと皆さん声かけくださりますが、おそらく今は交通網がぶつぶつに切れているので届けてもらえません。
ですので、お気持ちだけありがたくありがたく、頂戴します。
うちよりも大変な思いをされている方々がいますので、そちらに力添えください。
よろしくお願いします。

b0239781_23265603.jpg
↑今朝のねじちゃん。
b0239781_23271130.jpg
↑夜の片付け中の私を待つねじちゃん。
b0239781_23272368.jpg
↑今夜既に就寝しようとしてるねじちゃん。
b0239781_23281740.jpg
↑冠水beforeafter。

by retz_retz_retz | 2018-07-09 23:26 | その他の記録 | Comments(18)

ヘアドネーション

珍しく外出の話が続きます。

何年ぶりか、美容室に行きました。
万年ロングヘアで、次にカットに行くときこそと何度も思いながら。
やっと実行できました。

ヘアドネーション賛同サロンでカットしてもらう。

ヘアドネーションは医療用ウィッグを製作するための毛髪の寄付行為です。
知ったのはかなり前。
当時は国外に送付するようで、外国語がさっぱりな私には敷居が高い行為でした。
それが日本にもヘアドネーションに賛同する団体ができて、この団体に賛同して加盟するヘアサロンも少しずつ増えて。
私の暮らす街にもゆっくりと加盟サロンが。
で、貧民故に経済的負担が少なく済むようにとか(^^;
交通費だったり施術料金が良心的なのはもちろん、店の形態とかを気にして。
人が多い場所が苦手なのもあり、チェーン店などは避けて個人美容室を選択。
このお店も早くに気付いてブログを読んでいました。
(まるでネットストーカーみたいで気持ち悪いかも?ごめんなさい(^^;)

これまで通っていたヘアサロンでは髪の傷みが気になる時に行く程度、カットで重ための印象が好きだと伝えてはいたけれど、長さのせいかどうしても毛先がスカスカに感じてそれが不満でした。
とは言えヘアドネーションしたいからそれようにカットしてくれと、賛同サロンじゃない店に言うのもはばかられるような気がして。
もう、何年前にカットに行ったか忘れるほど期間が開きました。

ヘアアレンジも難しくなったし、カールアイロンも使うのが難しくなり…
いい加減お尻で敷いてしまうこともあり、扱いに困るようになったのでいよいよ。
何より横になるときや起き上がるときに敷いていて動きが難しくなるのが苦痛で。
洗髪も乾かすのも重労働ですしね。
初めて行くサロンに連絡(予約)するのって、どうしてあんなに緊張しちゃうんだろう(笑)
でも、ブログ読んでたのとヘアドネーションしたいと伝えたら話が早くて助かりました。
以下、毛髪の撮影はサロンオーナーさまから頂戴したものを編集して御披露目です。
b0239781_08551178.jpg
↑before after
我ながら頑張って長く伸ばしましたね。
いや、頑張ってはないか。
髪は勝手に伸びるので。
この短さ、何年ぶりか。
軽くて首が楽になりました。
b0239781_08553555.jpg
↑私の髪は量はおそらく並みにあると思いますが、細いのだろうと推定。
束を作るのに数が少ないのでそんなふうに思いました。
断髪させてもらえるのもこの美容室のよいところで。
髪って意外と硬いんですね。
予想以上に力が必要でした。
洋裁で布を裁断するときともまた違う、なんとも表現が難しい手応えでした。
断髪直後のギザってる毛先の写真もいただきました。
私が断髪したところだけギザってました(笑)
市松人形さんか金八の武田鉄矢さんか(笑)
b0239781_08561447.jpg
椅子に腰掛けた状態での、before after。
すぅーっと見える白髪が気にならないわけではないのだけど。
過去に一度、カラーしてみた事があるんです。
その時に皮膚が痛くて痛くて。
みんなこんな事に耐えてカラーしてるの!? て言うのが私の感想。
幸い自分の髪の色が好きなので、できればこのまま自然に白髪が増えて変わって行ってくれたら助かるのだけど。
でもね~、白髪って満遍なく出るとは限らないし。
まぁ、まだ少ないから欲張りな事を言っちゃいますよ(笑)
b0239781_08562919.jpg
↑カットした毛束。一番長いところで50cmはあるかな? って話しました。
長い髪は少ないそうだから役にたてるかな?
毛束を握って記念撮影。
おぉ、爽快ですよ。
離れていった髪、立派なウィッグになってねぇ~!

一つのウィッグが完成するのに、うん十という人の髪が必要だそう。
人の数だけ髪質もあるはずだから、癖やうねり、縮れがあるのは当然。
自分の髪は見た目が~って人もいるだろうけれど、気にする必要は無いんで。
ウィッグにできる長さが足りなくても、薬剤テストや技術者の練習に使えるそうです。
カラーしてたりパーマ(一部難しい場合があるそうなので相談は必要)類をしていてもヘアドネーションは可能だそう。

私の髪が微力ながら誰かの役にたつのを願って止みません。
献血も献体も病気の都合でできないけど、髪の毛なら使ってもらえると知ってから何年?
やっと達成できて私自身も嬉しいです。
b0239781_08565317.jpg
↑帰宅して少し経った頃の愛猫ねじちゃん。
なんだかよそよそしい?
くっついて匂いを嗅ぎ、視線を合わせてパチクリ。
離れて観察、またくっついて来て。
何度も繰り返してようやく納得したのか、お尻を向けて。
でも、チラチラと振り返り(笑)
ねじと暮らすようになってからは、間違いなく一番の短髪です。
違和感感じたの?(笑)
意外と敏感に察知してくれたのはやはり同性だからかしら(笑)
b0239781_08571240.jpg
↑新しくカールアイロンを購入してきました。径の太いものしか所持していなかったので。細いものを。
アイロン使うのは下手だからカーラー使う方が多いけど(^^;
これでしばらくは短い髪を楽しみます。
次にヘアドネーションするかどうかは未定。
きっと無精で伸ばしてしまうだろうと推測するので、できると思っています。
その時白髪の量はどうなってるかしら?
実は楽しみかも。

ヘアドネーションの団体さんのリンクを。
お世話になった美容室さん↓


by retz_retz_retz | 2018-03-07 08:19 | その他の記録 | Comments(20)

実食

煎り落花生味噌は処分しました。
袋に移して口を縛ってゴミ箱に入れましたが。
ご、ゴミ箱から油の酸化した臭いが…
明日が可燃ごみの日だから出さないと。

さて。
おからで仕込んだ味噌。
実食しました。
b0239781_19200363.jpg
悪くありません。
私にとってはごく普通の味噌です。
市販品は減塩を買うので、同じ感覚で味噌を溶いたらしょっぱい!
油断していました(笑)
次からは少な目に溶きます。

おからだから、搾りかすでしょ。
もっと薄い風味かと思っていましたが、何となくあっさりした味噌なだけでした。
たぶん、美味しいんだと思います。
多分なのは、日頃はあまり味噌汁を飲まないので。
汁にするだけでなく、調理にしっかり使いたい。
味噌料理を勉強しなくちゃ(^o^)

それにしても。
自家製味噌の腹部膨満感は普通なんですかね?
まさか発酵不足で消化不良なんてオチが待っていませんように…

by retz_retz_retz | 2017-11-13 19:17 | その他の記録 | Comments(10)

手前味噌開封

一月に仕込んだ味噌。
開封しました。
一つは煎り落花生を大豆同等の手順で仕込んだもの。
もう一つは店で購入してきたおから(豆腐を作った時に出る大豆の搾りかす)で仕込んだもの。

先に述べます。
煎り落花生の味噌は廃棄した方が無難と思います。
おからの味噌は成功だと思います。

では、写真つきで話して行きます。
b0239781_23433666.jpg
蓋を開けたら何やら奇妙な臭いが。
味噌から激しく逸脱した臭い。
匂いじゃなくて、臭いです。
なんだろう、この臭気は…
嗅ぎなれない臭いだけど、嗅いだ経験はある。
そう思いながら重石にしていた塩の袋を取り出す。
見た感じではカビなどは無くて、それ系の臭いもしない。
でも、この悪臭はこの容器から臭う。
スプーンを突き刺すとポロポロしていて崩れる。
あれ? この質感は仕込んだ当初から変化しなかったの?
粒々がしっかりしているので、フードプロセッサーにかけて滑らかに。
しかし。固い。
臭いも続く。
なんだろう、なんだろう。
この酸化した油みたいな臭い。

酸化した油みたいな臭い?

酸化した油?


さんかしたあぶらのにおい?


まさかと思うけど、落花生の油分が酸化した臭いかも?
八月に仕込んだ生落花生味噌の蓋を開けて匂いを確めた。
こちらは甘いピーナツバターのような香りがする。
と、いうことは…
"煎り"落花生だから、酸化が早く進行した?
うわ~、これ食べたら間違いなく食中毒起こすわ。
これ、捨てよう。
b0239781_00043889.jpg
チラ
b0239781_00050066.jpg
ねじ、ぶっちぎりに無視!
この見事な視線の反らしぶり。
鼻を近付けることすらしない!
処分確定ですね。
指についたのを舐めてみたら塩気は感じずに何となくヒリヒリするんで。
怖いのでそれ以上は…、ねぇ(^^;


もし仮に煎り落花生で味噌仕込みするなら、時短が良いのかも。
推測の域から抜け出せないけれど、油の酸化を思うと時短で作って早めに消費するのが良さそう。

おからで仕込んだ味噌。
b0239781_00112988.jpg
これは表面に塩を振ってから袋詰めした塩を重石にしていました。
なので表面に塩。
カビなどは皆無でした。
こちらも滑らかにしたくてフードプロセッサーにかけて。
スプーンを差し込んだらほどよく柔らか。
市販の合わせ味噌と同じくらい。
香りも味噌らしい香り。
米麹の量が多い配合だから、大豆らしい香りは薄いけれど。
うん、酸化した油の臭いはしません(笑)

一つ分かったこと。
落花生で味噌仕込みをするなら生。
非加熱の落花生は入手が限られるから仕込むのが難しいですね。
たまに非加熱(乾かしただけで地面に撒けば芽が出る)の落花生も流通するようだけど、産地に近くないと入手が難しいですよね?

うーん、どうしよう。
八月に生落花生で仕込んだ味噌。
油の酸化が怖いから、12月に開封しようかしら。
熟成に不安があるならヨーグルトメーカーに入れて時短白味噌の温度管理をすれば良いし。
半分12月に開けて、半分は継続して10ヶ月寝かせようか…
な、悩む!

by retz_retz_retz | 2017-11-12 23:38 | その他の記録 | Comments(6)

イタズラ書き(柿)

昨日は午前中にいつものリハビリ通院。
午後から外出してきました。
雨降りで自転車が使えないので全徒歩。
リハビリから帰宅した時点でかなりお疲れさまな私。
病院では杖をついて行くと笑われるので我慢してよちよち歩いて。
間欠跛行で辛いときに杖を使うと話しているのは院長とリハビリの先生だけだから、看護士さんたち見たら笑うんで。
悪気がないのは分かっているから流せるけど、時々切なくなります。
さておき。
出かけた先は"広島フードフェスティバル"です。
b0239781_15253208.jpg
ほぼ毎年、眺めに歩いています。
この数年は杖をついて歩いています。
今年は台風の影響で雨降り。
傘と杖で棒が二本は勝手が悪いので頑張って杖無しでよちよち。
幸い、会場は雨降りで人が少なくて。
速度が遅かったりよろめいても人に迷惑をかけずに済みました。
そのくらい、人出が少ない会場でした。
お城の外周と公園が会場ですが今回は足場の悪さが分かっているので、公園には行きませんでした。
雨足が緩み霧雨の状態になったのが幸いでひどく濡れることもなく幸運でした。
今年は柿を購入しました。
会場を後にして最寄りの百貨店へ。
北海道展をしていたのでフロアに行くと人が溢れていました(笑)
フードフェスティバルに行かないでこちらに人が流れたのかも。
ここは本当に眺めるだけ。
階下にある100円ショップで前から気になっていた食器を確認しようと。
b0239781_15351372.jpg
ご存知の方が多いであろう、セリアの食器です。
b0239781_15363606.jpg
飯椀の代わりにしても通用するかしら?
減量後の維持に食べ過ぎ防止に目の錯覚も必要かと(笑)
いえ、単に欲しかっただけです…
まだ厳しく粘っているので、米飯を口にするのはもう少し先です。
手前味噌と一緒に、お楽しみとして眺めて頑張ります。

購入した柿ですが。
時期的にしたくなることがあります。
b0239781_15443306.jpg
b0239781_15445295.jpg
b0239781_15454616.jpg
毎年何かしら落書きしています。
りんごだったり、みかんだったり。
今年は柿になりました(笑)
ただ、柿みたいに剥く皮が薄いのはペンの成分が気になるので直に書かず、マスキングテープを黒く塗って目と口を作って貼り付けました。
b0239781_15460937.jpg
ちょっぴり楽しい気分です。

by retz_retz_retz | 2017-10-29 15:13 | その他の記録 | Comments(18)

新しい杖

本日の内容は愛猫の話題ではありませんが。
残しておきたいと思った事なので記しておきます。

時々写真の端に写っていることもあるので、あえて話題にしていませんがご存知の方も多いかと思います。
私は杖を使う生活をしています。
室内で突いて歩くことは少ないのですが、外出時に歩行時間が長くなると足が前に出なくなるので添える物が必要です。
これまでは、昔登山に使用した杖を流用して過ごしていました。
かなり使いにくかったのですが、それようの杖はピンキリなのでどれを選べば良いのか分からず。

そろそろ歪みも生じているので、寿命が近いだろうから新しいものを探す必要を考えていました。
b0239781_21593698.jpg
それが今回、ひょんな事で久しぶりに連絡をくれた友人が同じく杖使い(^^; になっていて。
様々な杖を使ってきてこれは使いやすい! というオススメを教えてくれました。
しかも、プレゼントしてくれたのです。
b0239781_22031031.jpg
はじめは辞退しようとあれこれ話したけど。
昔私が友人にした事で、ずっとずっとお礼がしたいと思い続けていたそう。
もう、20年以上前の話なのに。
熱心に言ってもらえるので、ありがたく頂戴しました。
今の今まで、思ってくれていたことと、友情に感謝する私です。
b0239781_22083551.jpg
さすがと言うか、やはりきちんとした杖は違いますね。
b0239781_22113919.jpg
これまで使っていたのは登山用でしたから、杖の重心が全く違っていました。
重さそのものはさほど違いはないのですが、安定感が違います。
何よりこれ、一本杖なのに自立する(笑)
杖先が大きいのも理由とは思いますが、まさか自立するとは頼もしい。
持ち手(グリップ)も手に優しくて疲れにくい。
b0239781_22145869.jpg
そんなわけで、外出時に使用することに決めたので。
ストラップを作ってつけました。
レザーとリボンを縫い合わせ、カシメで止めた簡単なものです。
杖への取り付けはバリバリテープ…マジックファスナーみたいなものでつけています。
必要以上の力がかかったら剥がれるので、乗り物等で巻き込み事故防止の観点から選択しました。
b0239781_22211229.jpg
友人があると助かると話していた杖ホルダー(杖休めともいいます)も探して購入できたら万全。
今まではストラップで手首に引っかけておいたり、外食など行けば足元の床に倒して置くようにしていたから、テーブルに掛けられるホルダーはあった方が体が楽かな。
杖先のゴムはほかのものでも同じだけど、これは持ち手も交換できるので、傷んできても付け替えできるそう。
杖の金属部がダメにならない限り、延々使えますね。
友人は長さ調整のダボが傷んできたのでドリルで穴を開けてねじ止めしたとか。
塗装が剥げるのを気にしなかったらほぼ永久に使えそう。
杖突きライフ、楽しくやっていきたいです。

by retz_retz_retz | 2017-08-08 21:51 | その他の記録 | Comments(10)

凡ミス 二点ばかし

今日は珍しく自転車で散策してきました。

少し前に、移転してきたのか支店なのか分からない見知った名前の店を見付けて気になっていました。
店員さんに訊ねたら、移転してきて前の店舗はもう無いそう。
仕立ての仕事をしていた頃に何度かお世話になったお店です。
せっかく入店したのだから、商品を購入して帰宅。
b0239781_19344023.jpg
ねじの検閲を受けてからの作業開始(笑)
ビニールコーティングされた布を扱うのはあまり好みではないのだけど、入れたい物が定まって必要に駆られたので。
低温アイロンしかできないし、原則ピンも打てないし、ミシンの微調整をするのが面倒で嫌い(笑)
b0239781_19371354.jpg
縫い終わってから気付く凡ミス。
採寸した元のポーチ(ピンク色のもの)と明らかに形が違うのに、どうして気付くことなく仕上げてしまったのだろう。
いつもなら出来上がりを見たら念入りにチェックするはずのねじも、さほど見ようとしないし。
私がミスをしたと気付いたのかしら(笑)

採寸ミスだけなので、このまま使います。
生地の絵柄が素敵だとお仕立て仲間に誉めて頂いたので、気を良くして使います(笑)

ミシンも微調整したまま戻していないし、色違いでもまた買いに行って来ようかしら。
あ、でも頭痛が酷くて鎮痛剤を使ってるのもあるからここはぐっと我慢かなぁ。
とかなんとか、色々思うだけでも楽しいですよね♪

もう一点の凡ミス。
b0239781_19590450.jpg
比較対象に合わせ味噌の味噌汁を添えて。
手前味噌な白味噌の話です。
気を良くして毎晩食事でいただいていましたが、どうもお腹の具合が悪く。
原因探しで行き着いたのが白味噌!
どうも、発酵が足りていなかったみたいです。
大豆をはじめ豆類は若干毒素を持っているのは有名な話です。
大量摂取で消化不良を起こしやすい原因の成分なんで、ご存じのかたが多いかと。
加熱や発酵で弱まるようです。

そんな訳で、追加の発酵を促してみました。
確実に発酵させたいので、細い筒型の容器に詰めてヨーグルトの発酵器に2日ほど。
縦長の牛乳パックで作るヨーグルトメーカーですので、少々難儀しました(笑)
発酵を済ませて使いやすいサイズの容器に戻す時に気付きましたが軟らかくなっていました。
市販の味噌とほぼ同じくらいの軟らかさと粘り。
この状態をよくよく覚えておきます。
発酵させ直した白味噌を食べてからは消化不良の不調は無くなりました。
発酵不足、オソロシヤ。
温度管理が難しい状況では作らない方が良いですね。
因みに今回大豆を圧力鍋で炊いていたら、鍋が寿命を迎えたのか。
本来なら吹き出さないであろう蓋の縁以外の場所から"も"蒸気や煮汁が噴出してコンロが換気扇から壁からビシャビシャになる大惨事に。
圧力鍋のメーカー元のサイトで調べると、生産終了しているし、どうもパーツ類も入手できないようで。
最低でも13年程度使っているから、部品があるならメンテナンスも可能だろうけど…
厳しいかなぁ?
買う方が安くなりそうな?
味噌の発酵が可能なヨーグルトメーカーを買うのが先か、圧力鍋を買い替えるのが先か(笑)
どちらも同じくらいの価格帯。

もうね、最近。
優先順位を考えるのが辛くて必要に思うものがあっても先延ばしにしてばかりです。
こうして認知能力がジワジワ衰えて行くのかしら…
地味に不安です(^^;

そんな凡ミス二点の話でした。

by retz_retz_retz | 2017-03-12 19:29 | その他の記録 | Comments(6)