花粉に泣かされ

今年の花粉症は酷すぎておかしい!
スギ花粉とヒノキ花粉の両方に反応するので、例年年明けから四月末辺りまで籠城生活です。
外出の合図は岩合さんの写真展辺りから(笑)
それでもトップシーズン以外はまだ何とかなっていたのですが。
今年は自宅籠城にも関わらず、ズルズルと泣いています。
換気扇と空気清浄機頼りで窓なんて長く開けていません。
それなのに!
それなのに!
憎き花粉。
空気清浄機のセンサーを解除して24時間稼働させてギリギリ。
毎日毎日四六時中埃除去に時間を費やしてやっと小康状態。
マスクも入浴と食事の時くらいしか外してません(涙)
泣かされる状況が続くと下痢が始まります。
よくアレルギーには腸内環境を整えようと民間療法で言われていると思います。
私もこれには賛同しています。
だから体に合う発酵食品探しに味噌を作ってみたり、ヨーグルトを培養してみたり色々挑戦をしています。
お腹の調子が良いときはアレルギー症状も軽いんです。
過去に花粉症でアナフィラキシーを起こした経験で、とにかく怖くて不安感maxです。
下痢も虚血性腸炎をしたから怖いし!
虚血性腸炎は繰り返す可能性が高い病気なので不安です。
b0239781_04364919.jpg
↑ついに籠城生活のために冷凍専用庫を導入しました。
白い方です。ちょっと稼働音が響いて気になりますがきっと慣れるはず。
めちゃくちゃ破格で新品配送料金無料で購入できて助かりました。
電気代がどうなるかは未知数ですが、上手に使って行きたいです。
b0239781_04403604.jpg
↑食事はこんな感じ。
甘いものもジャンクなものも食べているので体重には変化がなくて焦り気味。
冷凍野菜以外に楽をしようと肉団子等加工品を使うのが良くないのでしょうね。
上手に食欲を煽るように作られてる(笑)
やはりタンパク源も未加工の肉で安く購入する手段を探すようにした方が良さげです。
見た目は美味しそうですが、塩コショウだけの調味で加熱だから単調です。
そろそろ普通の料理を忘れてしまいそう。
普通の料理をしなくても許されるのは独身故!
独り身も幸運だと認識する必要がありますね。←痩せてないけど痩せ我慢
b0239781_04474969.jpg
↑他に体調のために導入したもの。
青い棒状のもの。
これ、この一年くらい病院でリハビリに使っています。
ストレッチポールという名前です。
類似品があるので購入には要注意(笑)
この道具を使って体の痛みが若干ながら軽減するので、自宅に導入したいと療法士に相談したのです。
オーバーワークになると返って具合を悪くするからほどほどを意識するように念押しされましたが、自宅導入には賛成してもらえたので購入しました。
む、難しいけど頑張り過ぎずに頑張ります。
無理とは宣告されてますが、少しでも悪化せずに暮らすため。
小さな事ながら、地道に頑張ります。
b0239781_05132979.jpg
↑愛猫ねじは変わりありません。
毎日飼い主相手に遊んでお愛想振り撒いてくれます。
b0239781_05145745.jpg
↑マスク買った時のパッケージなんだけど、名前がツボにはまってしまってねじが入る度に笑ってます。
b0239781_05164139.jpg
↑タワーも気に入ってくれたようで楽しく使ってくれています。
中に入っているときに外からじゃらしを振ってやると喜んで遊んでくれます。
飼い主のベッド横に置いたのも理由かもしれませんが、よく眺めてこちらを観察してます。
チラリと視線が合ったり、はたまたお尻を向けられていたり。
飼い主も見るのが楽しいです。

[PR]

# by retz_retz_retz | 2018-04-10 04:26 | 猫のねじ | Comments(14)

ダのつく何かはどうなったのやら

あまりの香しさに、飼い主の目の前で堂々とキッチン台に飛び乗ったねじ。
当然叱られて下に降ろされました。
飼い主に叱られるのが分かっているので、基本的には目の届く時は上がらないのですが。
我慢ならなかったようです。
b0239781_21033499.jpg
↑視線はオーブントースターの中。
何を調理していたかと言いますと。
b0239781_21035742.jpg
↑オリーブオイル浸けのサバ缶と冷凍野菜のグリルです。
見たまんまですが(笑)
ミックス冷凍野菜、コストコで見つけて便利そうだと思って購入して既に二度目のリピ買いです。
引きで撮影したマスを見てもらうと分かる通り、約2.5kgで我が家の冷凍庫の1/4を占拠するサイズです。
一袋、毎日一食調理して半月程度で消費してしまい、食べ過ぎなんだかどうなんだか?
周囲に会員さんが複数居るので大変助かっており感謝ばかりです。
b0239781_21041693.jpg
とまぁ、こんな感じで冷凍野菜を好きな量で耐熱皿に盛り、サバ缶を開けてオイルごと全部広げるように乗せて。
お好みの調味料を振りかけて。
電子レンジで少しだけ加熱してオーブントースターへ放り込んだら表面が好みの焼き色がつくまで待ちます。
b0239781_21043895.jpg
↑缶がパッカンだから自分の餌と勘違いしてる節もあり(笑)
パッカン缶はニンゲン用もあるんだよ~、毎回言いますが聞いてませんね(^^;
貰えないことを疑問に思って熱い眼差しを向けます。
b0239781_21051351.jpg
↑野菜がオイルを吸い上げ調味料と合って美味しくなります。
サバの表面もカリカリ香ばしく。
b0239781_21052740.jpg
↑ニンジンですらガン見、反らさず見つめていました(笑)

b0239781_21053878.jpg
↑オマケ写真。
オーブントースター下にはコンベクションオーブンがあり、その下は台で収納庫です。
製菓製パン道具の一軍を収めている台。
ねじがスリスリして色が。
どうやらねじの体の脂とアンダーコートが混ざってこびりついているようです。
金属製の扉なので、洗剤をつけたクロスで拭いたら取れましたがなかなか頑固でしたよ。
例えるなら換気扇の脂汚れみたいな感覚です。
これで自分の匂いやホルモンを付けて主張しているんですね。
マーキングさえ愛しいのはアルアルな話ですかね?(笑)

こんな感じで、していたはずのダイエットが徐々に台無しなし崩しと化しております。
も~、どうしようかな~。
スパッと気持ちを切り替えないと努力が努力じゃなくなっちゃう!

そんな呟きさえ、ねじは黙って聞いて黙って見てるんですよね。
あぁ、見透かされてる(笑)

[PR]

# by retz_retz_retz | 2018-03-16 21:02 | 猫のねじ | Comments(12)

フルーツパウンドケーキ

ルビーグレープフルーツでパウンドケーキを焼きました。
b0239781_19235598.jpg
↑パウンドケーキ型を発掘。
一軍が増えてきてるから整理し直さないと。
一応、三軍まで使用頻度で分類して保管するように収納しているのですが。
四軍作成しようかなぁ。
まだ製菓製パン道具を処分するのは惜しくて。
b0239781_19240749.jpg
↑型発掘で疲れ、計量で疲れ。
休憩が無いと身体能力の衰えで作業が厳しいです。
b0239781_19242490.jpg
↑途中の撮影も忘れて。
ビデオ録画してれば静止画抽出できるんですが、三脚もカメラも構えるのを失念してました。
b0239781_19243768.jpg
↑焼き上がりの熱い内にルビーグレープフルーツのシロップをタプンタプンに吸わせて。
ラップでピッチリ包んで冷蔵庫。
シロップはジャムにならなかった物をジューサーにかけ、追加で剥いた果肉と一緒にして搾り。
少量の砂糖を追加して、ブランデーを垂らして風味つけしてアルコールを煮切って飛ばしています。
b0239781_19245375.jpg
↑断面。
うん、よろしいんではないでしょうかね。
b0239781_19251189.jpg
↑食べながら撮影。
美味しいです。
悪魔の食べ物だわ。
生のフルーツを入れると保管できる期間が短いから人様に差し上げるには難しいんですよね。
やはりお酒に浸けたドライフルーツのパウンドケーキが無難かなぁ。
b0239781_19252851.jpg
↑ねじちゃんは黙って真正面から飼い主を見つめていました。

[PR]

# by retz_retz_retz | 2018-03-14 19:23 | 猫のねじ | Comments(14)

ジャムにならなかった(^^;

ルビーグレープフルーツをたくさん購入して、完熟に近いので早く食べなきゃって焦ってました。
ジャムにしちゃえば良いんだ!
ってことで作業開始。
b0239781_20532463.jpg
↑手剥きせず面倒がって包丁で剥きました(^^;
縦に四つに割り、一つを適当にザクザク。
種に当たるのでそれを取り除けばちょうど良さげな幅で切ってます。
b0239781_20533955.jpg
↑鍋に入れて、砂糖はグレープフルーツの重量の四分の一程度。
ルビーは甘いですしね。
薄皮が柔らかくなるまで煮てアク取りしたら完成。
b0239781_20535581.jpg
↑瓶に詰めて冷まします。
背後に見えるように、まだあるのでせっせと食べます。
ちょっと大きいのはポメロという文旦やザボンの仲間。果肉は赤いものでした。
b0239781_20541712.jpg
↑出来上がりはねじちゃんチェック。
ちゃんと瓶の口に鼻を近付けて嗅ぐので感心します。
b0239781_20543179.jpg
↑プイッ。
チェックが済めばあっさりしたもの。
b0239781_20544474.jpg
↑撫でられるのが良いそうで(*^.^*)

皮を剥いてワタもほとんど残さなかったのでかなりサラサラの液体に近く、シロップ同然になりました。
もう少し煮詰めても良かったのですが、果肉を活かしたかったのでユルユルに。
紅茶に入れて飲んだり、パンケーキ焼いて垂らして食べても美味しそうに思っています。
あ、パンケーキ焼きたくても砂糖を全部使っちゃった!
甘くないパンケーキにするしかない?

[PR]

# by retz_retz_retz | 2018-03-12 20:51 | 猫のねじ | Comments(6)

ヘアドネーション

珍しく外出の話が続きます。

何年ぶりか、美容室に行きました。
万年ロングヘアで、次にカットに行くときこそと何度も思いながら。
やっと実行できました。

ヘアドネーション賛同サロンでカットしてもらう。

ヘアドネーションは医療用ウィッグを製作するための毛髪の寄付行為です。
知ったのはかなり前。
当時は国外に送付するようで、外国語がさっぱりな私には敷居が高い行為でした。
それが日本にもヘアドネーションに賛同する団体ができて、この団体に賛同して加盟するヘアサロンも少しずつ増えて。
私の暮らす街にもゆっくりと加盟サロンが。
で、貧民故に経済的負担が少なく済むようにとか(^^;
交通費だったり施術料金が良心的なのはもちろん、店の形態とかを気にして。
人が多い場所が苦手なのもあり、チェーン店などは避けて個人美容室を選択。
このお店も早くに気付いてブログを読んでいました。
(まるでネットストーカーみたいで気持ち悪いかも?ごめんなさい(^^;)

これまで通っていたヘアサロンでは髪の傷みが気になる時に行く程度、カットで重ための印象が好きだと伝えてはいたけれど、長さのせいかどうしても毛先がスカスカに感じてそれが不満でした。
とは言えヘアドネーションしたいからそれようにカットしてくれと、賛同サロンじゃない店に言うのもはばかられるような気がして。
もう、何年前にカットに行ったか忘れるほど期間が開きました。

ヘアアレンジも難しくなったし、カールアイロンも使うのが難しくなり…
いい加減お尻で敷いてしまうこともあり、扱いに困るようになったのでいよいよ。
何より横になるときや起き上がるときに敷いていて動きが難しくなるのが苦痛で。
洗髪も乾かすのも重労働ですしね。
初めて行くサロンに連絡(予約)するのって、どうしてあんなに緊張しちゃうんだろう(笑)
でも、ブログ読んでたのとヘアドネーションしたいと伝えたら話が早くて助かりました。
以下、毛髪の撮影はサロンオーナーさまから頂戴したものを編集して御披露目です。
b0239781_08551178.jpg
↑before after
我ながら頑張って長く伸ばしましたね。
いや、頑張ってはないか。
髪は勝手に伸びるので。
この短さ、何年ぶりか。
軽くて首が楽になりました。
b0239781_08553555.jpg
↑私の髪は量はおそらく並みにあると思いますが、細いのだろうと推定。
束を作るのに数が少ないのでそんなふうに思いました。
断髪させてもらえるのもこの美容室のよいところで。
髪って意外と硬いんですね。
予想以上に力が必要でした。
洋裁で布を裁断するときともまた違う、なんとも表現が難しい手応えでした。
断髪直後のギザってる毛先の写真もいただきました。
私が断髪したところだけギザってました(笑)
市松人形さんか金八の武田鉄矢さんか(笑)
b0239781_08561447.jpg
椅子に腰掛けた状態での、before after。
すぅーっと見える白髪が気にならないわけではないのだけど。
過去に一度、カラーしてみた事があるんです。
その時に皮膚が痛くて痛くて。
みんなこんな事に耐えてカラーしてるの!? て言うのが私の感想。
幸い自分の髪の色が好きなので、できればこのまま自然に白髪が増えて変わって行ってくれたら助かるのだけど。
でもね~、白髪って満遍なく出るとは限らないし。
まぁ、まだ少ないから欲張りな事を言っちゃいますよ(笑)
b0239781_08562919.jpg
↑カットした毛束。一番長いところで50cmはあるかな? って話しました。
長い髪は少ないそうだから役にたてるかな?
毛束を握って記念撮影。
おぉ、爽快ですよ。
離れていった髪、立派なウィッグになってねぇ~!

一つのウィッグが完成するのに、うん十という人の髪が必要だそう。
人の数だけ髪質もあるはずだから、癖やうねり、縮れがあるのは当然。
自分の髪は見た目が~って人もいるだろうけれど、気にする必要は無いんで。
ウィッグにできる長さが足りなくても、薬剤テストや技術者の練習に使えるそうです。
カラーしてたりパーマ(一部難しい場合があるそうなので相談は必要)類をしていてもヘアドネーションは可能だそう。

私の髪が微力ながら誰かの役にたつのを願って止みません。
献血も献体も病気の都合でできないけど、髪の毛なら使ってもらえると知ってから何年?
やっと達成できて私自身も嬉しいです。
b0239781_08565317.jpg
↑帰宅して少し経った頃の愛猫ねじちゃん。
なんだかよそよそしい?
くっついて匂いを嗅ぎ、視線を合わせてパチクリ。
離れて観察、またくっついて来て。
何度も繰り返してようやく納得したのか、お尻を向けて。
でも、チラチラと振り返り(笑)
ねじと暮らすようになってからは、間違いなく一番の短髪です。
違和感感じたの?(笑)
意外と敏感に察知してくれたのはやはり同性だからかしら(笑)
b0239781_08571240.jpg
↑新しくカールアイロンを購入してきました。径の太いものしか所持していなかったので。細いものを。
アイロン使うのは下手だからカーラー使う方が多いけど(^^;
これでしばらくは短い髪を楽しみます。
次にヘアドネーションするかどうかは未定。
きっと無精で伸ばしてしまうだろうと推測するので、できると思っています。
その時白髪の量はどうなってるかしら?
実は楽しみかも。

ヘアドネーションの団体さんのリンクを。
お世話になった美容室さん↓


[PR]

# by retz_retz_retz | 2018-03-07 08:19 | その他の記録 | Comments(20)