洗濯と掃除と愛猫の入浴と他

今日は朝から忙しかったです。
と言うのは愛猫ねじのリバースした場所が(笑)場所で。
朝の餌の後、二度寝しようとしたねじは自分のケージの寝床にあるお布団に潜り込みました。

が。
中で毛玉吐きしちゃったんですね。
b0239781_23071842.jpg
布団の中でしばらくフリーズして困っていたねじ。
私が救い出してやる前に、自分で飛び出したのは良かったのですが。
不自然な姿勢で出ようとしたらしく。
布団を床に落としてしまいました。
当然、床も大惨事だし、体にも吐き出した毛玉や餌が付いていて。
ねじが行く場所行く場所に(笑)
吐いた餌がポロポロと。
b0239781_23111119.jpg
吐き出し切れなかった毛を他の場所でももう一度ケロリ。
床掃除にマット洗濯。お布団も中だったので洗濯。
そして、ねじを浴室に連れ込み洗ってやって乾かして。
と朝の6時過ぎから8時半頃まで。
慌ただしい朝になってしまいました。

その後飼い主はリハビリ通院に、日用品の買い物を済ませて帰宅したら。
それ以降は吐き戻しはしなかったようでいつも通りに飼い主のベッドの敷パッド下で大の字に眠っていました。
急に一日の気温差が生じるようになったから、ねじの体調に響いているのかと思います。
昼餌は念のためにカリカリをふやかして軟らかくし温めて与えて。
夜は普通に与えたらもう吐かなかったので、なんとか落ち着いたのだろうと思います。

そんな感じで、部屋を歩くと餌があちこちに落ちていて踏んでしまいます。
乾ききってから掃除機で吸い取るつもりで、足につくのだけ拾ってます(笑)
明日も掃除日和です(笑)

別に考えられる原因は。
しばらく押し入れに納め込んでいたテレビを出して再度設置したので。
部屋の様子を敏感に察知するから、負担に思わせたのかもしれません。

他。
b0239781_23283808.jpg
今シーズンの手慣らしを始めています。
b0239781_23292887.jpg
100均のアクリル毛糸を色違いで。
b0239781_23302858.jpg
今シーズンは何を編もうかな。
色々考えながら。
ストックの糸を消費するつもりで買うことなく済ませる予定。
量的に作れる物に限界もありますが何を編もうかな、編もうかな、編もうかな。
b0239781_23352763.jpg
手慣らしはアクリルタワシ(笑)
作りすぎても、時間と労力と資源の無駄遣いになるから、ほどほどで止めますが。
b0239781_23395684.jpg
ねじは退屈で毛糸とかぎ針に焼きもちを焼きながら側で過ごします。
b0239781_23393026.jpg


[PR]

# by retz_retz_retz | 2017-09-09 23:04 | 猫のねじ | Comments(12)

味噌の経過と愛猫の姿

一月に仕込んだ味噌。
予定では十月末に開封予定です。
欲を言うと十一月末まで待ちたいのですが、せっかちな私にしてはかなり堪えたかと(笑)
b0239781_00401000.jpg
左側が炒り落花生を茹でて仕込んだ味噌。
右側が大豆のおからで仕込んだ味噌。
どちらも暑い時期を越えて、様子に変化がありました。
美味しくなあれ。
美味しくなあれ。
生落花生で仕込んだ味噌は白味噌仕立てにしているので、早ければ年末辺りには開封しても良いのですが…
様子に全く変化がありませんので、少々不安です。
10ヶ月待つのが無難かも?
b0239781_00442830.jpg
美味しくなあれ。
美味しくなあれ。
b0239781_00445979.jpg
夏前までは流し台下に保管していたのですが、変化が無かったので場所移動。
棚台の場外、天井付近に鎮座しています。

そして愛猫ねじ。
相変わらず味噌には無関心。
b0239781_00475813.jpg
味噌に関しては私が何をごそごそしていても無関心を通します。
b0239781_00485150.jpg
飼い主のしていることには何でも観察をするのに不思議。
それだけリラックスして暮らしてるのかな?

追伸:お耳の傷は一週間しないうちにキレイに治りました。

[PR]

# by retz_retz_retz | 2017-09-08 00:37 | 猫のねじ | Comments(8)

梨を食べでいたらお耳に傷を見つけました

ねじの暮らしは、飼い主が見ている限りでは穏やか。
そんなねじ、もしかしたらはじめてのケガ。
耳の毛が薄い所に赤い線が見えます。
「痛くないの?見せてくれる?」
大人しく見せてくれるし、全く痛がらない。
ウェットティッシュで優しく撫でてやって、傷を見ても赤いのが取れることもなく。
うちには赤色の油性ペンは無いから、塗料でないのは確実。
マニキュア等の色物も手が届かないようにしてるし、荒らした痕跡もありませんので。
着色ではないです。
内出血だろうと思い、様子を見ています。
b0239781_03124762.jpg
何か硬いものに擦り付けて傷にしてしまったのかしら?
気を付けてやらないと。
飼い主反省。
ねじはケロリとしていて、困ってる様子が無いのが助かります。

そんなねじの耳に傷を見つけたのは、梨を食べながら撫でてやっていた時でした。
b0239781_03182906.jpg
今年も梨の贈り物を頂戴しました。
果物は大好きだけど、なかなか買うには贅沢品で(笑)
今年の初物、美味しく食べています。
ねじは飼い主が飲食してる最中はランチョンマットに乗らないお利口さん。
最近はちょっと油断しているのか、首だけ伸ばして撫でるよう催促します。
催促してくるから気付いた傷。
もしかして、見てちょうだいって意味もあったのかしら?
なんにせよ、ねじの行動は全て善意に受けとる習慣が染み付いている飼い主です(笑)

[PR]

# by retz_retz_retz | 2017-08-25 03:00 | 猫のねじ | Comments(12)

久しぶりに愛猫の動画を

b0239781_02444741.jpg

写真をまとめてスライドショーの状態にした動画です。
音声も皆無に等しいので、後半で動いているねじの姿が出てくるまで退屈かも?
お布団を器用に使うのを喜んで見てくださる方が多いようなので、約半年分の写真をまとめてみました。



そうそう、まとめで思い出したのですが。
投稿記事の外のプロフィール画面へのリンク下にインスタグラムのアイコンがあって、リンクしているので飛べば見て頂けるようにしています。
エキサイトブログも記事内に入れることができるように装備されたようなのですが。
どうも私、アカウントを複数使い分けにしているのが理由か、ブログに貼り付けができないのです。
スマホからしてもPCからしてもうまく表示されなくて。
設定の手順は説明通りにしたのですが表示されないので諦めました。
インスタグラムではねじがお喋りしているかのような文面で投稿しています。
ゆるゆる投稿ですので奇妙に見えるかも…? とも思いますが。
余裕があれば見て楽しんでもらえたらと思っています。

[PR]

# by retz_retz_retz | 2017-08-13 03:02 | 動く猫のねじ | Comments(16)

生の落花生で味噌仕込み

一月に仕込んだ落花生味噌は乾燥落花生をふやかして茹でて仕込みました。
一月の記事はこの文字列を
今度は生の落花生が入手できたのでこれで仕込みました。
幸運にも秦野の生落花生が入手できたのです。
b0239781_10345598.jpg
殻つきのままざっと洗って浸水。
落し蓋を使用して完全に沈めて吸水させました。
生だし季節的にも不安なので冷蔵庫で。
18時間は沈めていたように思います。
b0239781_10381404.jpg
水を変えて鍋に移して。
落し蓋もしたまま完全に沈めてグツグツ煮ました。
殻があるから鍋肌に当たっていても焦げる心配無し。
圧力鍋が寿命を迎えてまだ買い替えしていないので、普通に煮ました。
大豆仕込み味噌と同じですね、望む柔らかさを求めて三時間は煮ました。
b0239781_10420680.jpg
殻から剥いてここでやっと計量できて米麹と塩の量が確定。
殻を取り除きましたが、渋皮というのかな?
乾燥落花生なら茶色い薄皮がありますよね。
生を殻つきで煮るとこの薄皮もふやけて柔らかくなるので剥かずに仕込みました。
殻は剥かずに煮るのが大切らしいです。
フードプロセッサーでペーストにして、塩切りした米麹と混ぜて捏ねて捏ねて空気抜き。
b0239781_10484873.jpg
円筒形の入れ物が無かったので今回はパッキンつきの容器に詰めました。
配合は白味噌同等にしたので、早ければ年内にも完成とすることが可能です。
腐敗に至らないのであれば、通常の10ヶ月熟成で寝かせてみようと思っています。

茹でピーをそのまま食べても美味で驚きましたが、ペーストにして口にしたのも大変美味で驚愕しました。
今まで知らなくて損をしていたかも?
茹でている最中も、はじめは土の香りがしていましたが徐々に落花生の香りが立ち上がってきて。
こんなに香りが豊かだとは。

今後も生の落花生入手できるなら茹でピーで食べたり味噌に仕込むなり楽しみたいです。

そして我が家の可愛いお猫様。
b0239781_11035284.jpg
味噌作りには全く関心ないそうです(笑)
もう、退屈そうに不満鳴きして足元をうろうろ。
仕込みが済んで床を見たら猫じゃらしが散乱していました。
ねじは文句鳴きで疲れたのか寝室にあるケージの自分の寝床でふて寝していました。
当然ながら、拗ねていたのでご機嫌取りがなかなか大変でした。
それでもやっぱり可愛くて仕方ない愛猫です。

[PR]

# by retz_retz_retz | 2017-08-12 10:26 | 猫のねじ | Comments(6)