<   2014年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

はやりの…

何やら流行っているらしい、猫転送装置またの名を猫ホイホイ。
ねじも入るかな?
と、やってみました。
b0239781_2246580.jpg

何となく、困ったような雰囲気で見つめています。
b0239781_22464384.jpg

そっぽ向いて無視されました。
どうやらねじは入りたくないそうです(笑)

噂では若い雄猫が関心を示して入ってくれるとか。
オンナノコはクールですもんね。
[PR]

by retz_retz_retz | 2014-10-31 22:49 | 猫のねじ | Comments(4)

りんご

1袋6個入りのりんごを見つけて買ってきました。
蜜でべたつきが強かったので拭いたらピカピカになってしまいました…
しまった、このまま皮つきで食べた方が美味しかったかも…
b0239781_21325316.jpg

そんなりんごをねじに見せてみました。
b0239781_21331467.jpg

特に興味ない様子です(笑)
お盆に描かれている蝶の方が気になったみたい。
残念、その蝶からは匂いはしてこないよ。
b0239781_21333984.jpg

1つ食べてみたら甘くておいしいりんごでした。
凹みが多いので急いで食べないと傷むのが早いかも。
[PR]

by retz_retz_retz | 2014-10-28 21:37 | 猫のねじ | Comments(10)

監視中

ねじがゴミ箱の前でじっとしています。
b0239781_1917851.jpg

ゴミ箱の間にチラリと見える赤いのは「ゴキブリホイホイ」です。
このゴミ箱の回り、捨てるものは洗っているけれどどうしてもゴキが現れるんです。
そのゴキを見つけたら、こうしてねじは監視のためにここでじっとすることが…
飼い主としては知りたくないから、こうして監視して欲しくはないのですが(笑)

こちら段ボールに入って監視中。
b0239781_19195648.jpg

監視している対象は飼い主。
私と直に視線が合わない所でこうして寛ぎつつも監視しています(笑)
飼い主はこうして日々監視されています。ぷぷぷ。

そして動画を1つ、編集しましたので公開です。

「おかわり」がほぼ毎回できるようになりました。
最近は若干フライング気味です(笑)

*ねじの口内炎*
b0239781_19214985.jpg

病院から帰宅してすぐに夕飯を食べて落ち着いた所。

昨日、毎日の習慣で寝る前に私のお腹に乗って来たところで。
普段と変わらずお口のチェックをしました。
すると右下の歯茎に口内炎らしき水ぶくれと赤い腫れを確認。
本日になって、水ぶくれは小さくなっていたけれど赤みが強いままでしたので、お医者さんに電話してみて診察してもらうことに。
見てもらった結果としては、今回は処置なし。
ただ。
今後はお口のケアが必要になってくるかもしれないから、気をつけてこれまで通りチェックを続けるようにと指導をしてもらいました。
年齢的には口内炎で思い当たる重篤な病気を発症しているとは考えにくいし。
何よりとても元気があるし食いしん坊で食欲もある。
口臭もしていないし、よだれを垂らすこともないし痛がっても見えない。
口内環境が悪くなって酷くなると、お手入れのグルーミングで全身が臭うようになるそうで。
持っているお口の中の細菌のバランスで変化しているとも考えられるから、ねじが受け付けてくれるならサプリメント等を試す選択肢もあるとか。
(サプリメントは薬じゃないから、数年後に今より良くなっているか現状維持で済むかは分からないよと注意も受けました)
普通に過ごしていて今より酷い状態になるなら飲み薬や注射を試すこともできるそう。
数日しか効かなかったり、1か月持続するとか個体差も激しい。
痛かったり気になるようになると、食事はして元気があっても口の周りが気になって自分で引っ掻く個体もいるそう。
そうなると持続可能な治療をして苦痛を除いてやる必要があるだろうと。
状態が悪くて爛れも酷く食事も受け付けなくなるなら、抜歯で改善する可能性もある。
現在は抜歯を視野に入れるほどの状況には見えない。
抜歯に於いては、しても変化が見られない個体である可能性ももちろんあるから絶対とも言い切れない。
(抜歯で食べ物を丸呑みするようになったとしても、猫は基本丸飲みだから小粒の餌なら気にしなくていいとも)
また、抜歯は全身麻酔でするから十分に考え納得しなくては受けてもらえないよと。
そんなことも教えてもらいました。
歯に近いところに水ぶくれができていたのもあり、もしかすると餌の固さによって偶然傷をつけた可能性もあるよ、と。
そういえば、今食べている餌は臨時で普段と違う餌…
(今回誤ってしまい、銘柄は同じだけれど種別が普段与えているものとは違う餌を買ってしまったのです)
人間だってうっかり自分の口の中を自分で噛んでしまうこともあるんだから、猫だってあっても不思議じゃないのかな。
猫の口内炎は理由が不明な場合がとても多いと教えてもらいました。
歯肉炎や口内炎は、虫歯や歯石がなくても猫には起きることだから、因果が不明な場合が多いのだとも聞きました。
そして、心配しすぎないようにね、とも(笑)

そう、私はとても心配性なので…
心配で病気になってしまうようなタイプですから(笑)
ねじを病気に仕立て上げちゃいけませんね。
明らかにおかしいと思ったとき…それが治療の開始時だから、これまで通りよく観察してやってと獣医さんから聞きました。

そうそう、これは私から聞いてみたことなんですが。
おかしいと感じたときの状態を動画に撮影して見せるのも、判断の材料にできるときもあるよと。
ビデオをよく撮影していて、比較のできる普段の状況と違和感を感じるときの状況両方を用意できるなら見せてもらうのを歓迎すると言ってもらえました。
病院では緊張していて普段の姿はまず見せてくれないからね、と。

写真や動画はお医者さんに見せるツールとしても役立つ可能性があるんですね。
普段からカメラに馴らしておくのも、悪い事ではないと。
そう思いました。

口内細菌のコントロール、できる範囲で考えてやらなくちゃなりませんね。
[PR]

by retz_retz_retz | 2014-10-24 20:26 | 猫のねじ | Comments(8)

凝視

じっと見つめる…
b0239781_13575841.jpg

「ヨシヨシしよ?」
と、手を伸ばしたら嫌だったそうで。
私の手を険しい目で見つめていました。
あらら、そんなに気分じゃなかったのね。
ごめんごめん。
[PR]

by retz_retz_retz | 2014-10-22 14:00 | 猫のねじ | Comments(8)

穏やかな視線

ねじが穏やかな目で私を見つめてくれました。
b0239781_18441052.jpg

優しいなぁ。
毎日優しい目で見つめてくれるねじに、自然とありがたい気持ちになります。
猫だけじゃありませんが、こうした穏やかな目でこちらを見てくれる姿というのは何とも安心感があります。
この時間が長く続いたらなぁ、なんてしみじみ思います。
背後のリハビリ用運動具にはノーコメで(笑)

話変わって。
b0239781_18492838.jpg

ゴーヤを撤去したプランターに小松菜の種を蒔きました。
はじめて栽培する葉もの野菜です。
虫が付きませんように(笑)
3日から5日程度で発芽と袋に書いてありましたが、本当にこの期間に発芽しましたよ。
思っていたより発芽率が高そうです。
収穫して食べることできると良いのだけど♪


オマケ
b0239781_1850818.jpg

風邪ひきの子猫。
この間寝大きめの写真をupしたコです。
リハビリ帰りに通るので、嫌でも姿を見るのですけど。
今日もいました。
写真を撮っていたら家から人が出てきて、私に話しかけてきました。
聞くと、この猫はどこかから連れて来られてこの人のウチの前に置き去りにして行ったと。
家の人が確認した時は3匹いたのだけど、他の2匹は車に引かれて死んでしまってこの猫だけになったとか。
家の前に捨てられて困ったのもあるけど、見殺しもできず餌を与え。
でも、居つくから周囲に苦情も言われて。
しかし、保健所に連絡すればそれは殺処分になるくらいは知ってる。
誰かが拾っていってくれたらいいのにと。
あなた連れて帰って良いわよ、なんて。
でもうちにももう猫がいるからこれ以上は無理なんです。
そう返事するしかありませんでした。
雌猫だからこのままいればいずれは妊娠するだろうし。
そうなるとここで繁殖することになるから、この家の人はもっと困ることになるんだろうな。
ここの人が餌を与えないのが一番良いのだけど、それはそれで苦しまれるだろう。
捨て猫はしちゃいけない。
苦しむ猫、悲しむ人、たくさんの心を痛める人が生じてしまいます。
飼える数を適正にするためにも避妊去勢は必要だし、こうして捨てられてしまう猫やそれを見て辛く思う人が生み出されてしまう。
何もできないで見るしかできないのが不憫です。
ウチの地域だと「みなしご救援隊」さんが一番の有名どころですけど、連絡してそれきりというのも酷い話ですよね。
支援もしないのに連れて行ってくれと連絡だけすることもできませんし。
しかも猫が暮らしている場所は私には通りすがりでしかないし。
無力な自分を体感しています。
[PR]

by retz_retz_retz | 2014-10-21 19:09 | 猫のねじ | Comments(12)

砥石

包丁の切れが悪くなったので、そろそろ研ごうかな…と。
砥石を出して準備に水に浸けて。
少し時間を置かなくちゃならないから、その間は床に。
置いたらやってきた誰かさんはねじ。
b0239781_1963342.jpg

水を吸いながら泡を出す石を観察するねじです。
b0239781_196452.jpg

観察する位置を変えてじっと見つめます。
そのあと、お水を飲んでいました(笑)
石は石と思ったみたいですね。


オマケ
b0239781_1985118.jpg

キリッ! とした姿で外を見ています。
でもそこちゃぶ台の上ですから…
[PR]

by retz_retz_retz | 2014-10-19 19:10 | 猫のねじ | Comments(8)

今年のゴーヤが終わりりました

b0239781_1022943.jpg

18個目のゴーヤを確認するねじの姿です。
b0239781_1025877.jpg

ソーセージと一緒に炒めて、蜂蜜と粒マスタードで和えて水分を飛ばしたものです。
お酒のおつまみみたいなイメージでしょうか。
私はお酒は全く受け付けないので普通に食事として食べましたが(笑)
b0239781_1042261.jpg

台風にも負けずにぶら下がっていたゴーヤもすっかり黄色になってきたので、割けてしまう前に収穫。
苗はもう全体の葉が黄色くなっていて、ほとんどカサカサになってきています。
目に入ってきた実を全て収穫しました。
実として食べるのが可能な大きさ、何とか20個になりました。
目標を大きく上回る成果になり、充実した気分です。
家庭菜園をしている人たちとの情報交換で、今年は全体的に不作だと聞いています。
ということは、例年の状況ならもっと収穫ができたのかな?
今年は何度も自分だけでは食べることができずにおすそ分けに出して楽しかったです。
収穫は嬉しいのだけど、食べているとだんだん飽きてしまうのが難点ですね。
これが独り暮らしの残念な部分でしょうか。
来年は飽きずに食べられるような野菜に挑戦してみたい気持ちもあるのですが…
そんな野菜があるかしら?
去年と今年でゴーヤも堪能したので、飽きて見たくなくなる前に違う作物を視野に入れて来年の楽しみにしたいと思っています。
今週中に苗を処分する作業をして、プランターを更地にするつもりです。
寒くなる直前まで育てられそうな野菜があるかな。
種を見に行ってみたいと思ってます。
[PR]

by retz_retz_retz | 2014-10-15 10:15 | 猫のねじ | Comments(8)

占領 animal

夜、飼い主が寝ようかな…と見たら。
b0239781_1113396.jpg
b0239781_1114210.jpg
b0239781_1115170.jpg

占領されています。
b0239781_112022.jpg

さて…
一度退いてもらわなくちゃなりませんが。
この顔見ると起こすのがかわいそうなんですよね。
困った困った(笑)
[PR]

by retz_retz_retz | 2014-10-13 01:14 | 猫のねじ | Comments(10)

頬毛もふもふ

今朝のねじ。
窓の前で鳥のさえずりに聞き入っていました。
b0239781_20165029.jpg

猫の頬から首にかけてのモフモフした毛が可愛いなぁと思います。
撫でてやると喜ぶポイントでもありますよね。
b0239781_20174490.jpg

今日は一日薄暗かったので、障子もカーテンも開け放っていました。
おかげでねじは窓辺の椅子に座って日がな一日外を眺めていました。
鳥が移動するのを見つけるとガラスに前脚をかけて見入ったり。
何でも楽しめる好奇心を見習いたいとよく思います。

オマケ
リハビリに通っている病院の近くにいる仔猫。
b0239781_20194183.jpg

この猫は今年に入ってから見るようになったので、まだ1年経っていないと思います。
他にいる猫に倣って生活している様子に見えたので、普段は遠巻きに見るだけでした。
住宅の前に水場と餌の器があるので、外飼いの猫か野良の子だとは推測していました。
この子、私が自転車から降りただけで小さな声で鳴きながら近寄ってきました。
周りには他に成猫が2匹。
雑種の子と見るからにシャム。
雌雄は判別できませんが、片方は野良の様子でシャムは家の玄関に佇んでいたので飼われているのだと思います。
近寄ってきた子は色の薄いキジトラでしょうか…
三毛かサビも交じってるかな
私の回りでコロンコロンとやたらに寝そべったり毛繕いしていたので虫がついているのかもしれません。
見た感じでは雌猫でした。
足元にすり寄りながら控えめにゴロゴロと喉を鳴らしつつ。
ピーンと伸ばした尻尾の感じでは相当歓迎してくれていた様子です。
私の手に身体を擦り付けて甘えるのですが、何度か顔をそむけてくしゃみをしていました。
(なんて礼儀正しい!)
よく見たら、顔の周りの黒い粒々は目やにが固まって汚れたものの様子です。
どうやら、飼い主はいないみたいですね。
見ただけでは誰かに管理されているのか、完全に野良なのかは判断できませんでした。
まぁ、だけどこの猫風邪らしき症状を持ったまま外をウロウロしているのだから、少なくとも飼い主は固定でいませんよね。
甘えん坊な雰囲気で、人見知りなく近寄ってきた子だから…
保護してくれる人が居るようにと願いながらたくさん撫でてやりました。
私には、今はねじだけで精一杯なので。
お家が見つかると良いねと、ただそう願って撫でました。
衰弱している様子はなかったので、それだけは大丈夫だと思います。
猫風邪は自然には治りにくいはずだから、本当は病院に連れて行ってやりたかったです。
猫さらいになるから勝手なことはできませんし…
お顔の汚れが取れたら、この子も美猫さんだと思いました。
[PR]

by retz_retz_retz | 2014-10-11 20:43 | 猫のねじ | Comments(4)

布団に潜ってます

今日はようやく厚みのある上掛け布団を出しました。
シーツをかけている時はじっと見つめていましたが、ベッドの上に乗せると…
b0239781_15292541.jpg

早速潜って休んでいます。
手振れでぼやけていますけど、気持ち良さそうな表情が伺えます。
布団を出すと潜り込むせいで、遊んで欲しいという誘いが減るのでちょっぴりさびしいです(笑)


オマケ
b0239781_1531259.jpg

ねじが臭いを嗅いでいる物は。
棉です。
綿の元です。
何年も育てていますが、今年は天候不順のおかげで収穫量が少しです。
今年はもう花が付かなくなったので、あとは実が弾けるのを待つだけですが…
弾ける前に落ちてしまうことが多いので、なかなか思うようにならない棉花です。
[PR]

by retz_retz_retz | 2014-10-09 15:36 | 猫のねじ | Comments(6)