生の落花生で味噌仕込み

一月に仕込んだ落花生味噌は乾燥落花生をふやかして茹でて仕込みました。
一月の記事はこの文字列を
今度は生の落花生が入手できたのでこれで仕込みました。
幸運にも秦野の生落花生が入手できたのです。
b0239781_10345598.jpg
殻つきのままざっと洗って浸水。
落し蓋を使用して完全に沈めて吸水させました。
生だし季節的にも不安なので冷蔵庫で。
18時間は沈めていたように思います。
b0239781_10381404.jpg
水を変えて鍋に移して。
落し蓋もしたまま完全に沈めてグツグツ煮ました。
殻があるから鍋肌に当たっていても焦げる心配無し。
圧力鍋が寿命を迎えてまだ買い替えしていないので、普通に煮ました。
大豆仕込み味噌と同じですね、望む柔らかさを求めて三時間は煮ました。
b0239781_10420680.jpg
殻から剥いてここでやっと計量できて米麹と塩の量が確定。
殻を取り除きましたが、渋皮というのかな?
乾燥落花生なら茶色い薄皮がありますよね。
生を殻つきで煮るとこの薄皮もふやけて柔らかくなるので剥かずに仕込みました。
殻は剥かずに煮るのが大切らしいです。
フードプロセッサーでペーストにして、塩切りした米麹と混ぜて捏ねて捏ねて空気抜き。
b0239781_10484873.jpg
円筒形の入れ物が無かったので今回はパッキンつきの容器に詰めました。
配合は白味噌同等にしたので、早ければ年内にも完成とすることが可能です。
腐敗に至らないのであれば、通常の10ヶ月熟成で寝かせてみようと思っています。

茹でピーをそのまま食べても美味で驚きましたが、ペーストにして口にしたのも大変美味で驚愕しました。
今まで知らなくて損をしていたかも?
茹でている最中も、はじめは土の香りがしていましたが徐々に落花生の香りが立ち上がってきて。
こんなに香りが豊かだとは。

今後も生の落花生入手できるなら茹でピーで食べたり味噌に仕込むなり楽しみたいです。

そして我が家の可愛いお猫様。
b0239781_11035284.jpg
味噌作りには全く関心ないそうです(笑)
もう、退屈そうに不満鳴きして足元をうろうろ。
仕込みが済んで床を見たら猫じゃらしが散乱していました。
ねじは文句鳴きで疲れたのか寝室にあるケージの自分の寝床でふて寝していました。
当然ながら、拗ねていたのでご機嫌取りがなかなか大変でした。
それでもやっぱり可愛くて仕方ない愛猫です。

[PR]

by retz_retz_retz | 2017-08-12 10:26 | 猫のねじ | Comments(6)

Commented by zakkkan at 2017-08-12 14:40
大豆ではなく、落花生・・
どんな?お味なのか・・知りたいです(笑)
でも、きっと、身体にエネルギーがもらえそうですね

ねじちゃん・・無関心ですか・(笑)
お味噌は・・ね~・・(笑)(((uдu*)ゥンゥン
Commented by liebekatzen at 2017-08-12 18:42
こんにちは!
落花生からお味噌が作れるとは!!
リッツさんはいつも丁寧なお仕事されますね~♪
完成したら、またブログで紹介してください☆
ねじちゃん、今日もかわいいね。
Commented by retz_retz_retz at 2017-08-12 20:09
> zakkkanさん
落花生で仕込む味噌を食べたことがある人に聞いた限りですが、まろやかで白味噌に似ているが…違うようです。
今回は配合を白味噌同等にしたのでよく似た風味になるとは思うのですが、はじめてのものだから未知味です。
楽しみに眺めています。
Commented by retz_retz_retz at 2017-08-12 20:13
> liebekatzenさん
はあい(^-^)
完成したらまた話題にします♪
落花生以外にも、ナッツ類はクルミを使って仕込むのも可能だと聞いています。
ねじは半ば呆れ顔?
構われたいばかりのようです(^^;
Commented by tasukeai-maki at 2017-08-12 20:41
うちも、ヒロちゃんがじゃらしをくわえて歩くので、
起きた時ベッドの脇にじゃらしがよく集まってます(*^^*)
Commented by retz_retz_retz at 2017-08-12 21:13
> tasukeai-makiさん
持ち歩く姿がまた可愛いんですよね~♪