久しぶりに愛猫の動画を

b0239781_02444741.jpg

写真をまとめてスライドショーの状態にした動画です。
音声も皆無に等しいので、後半で動いているねじの姿が出てくるまで退屈かも?
お布団を器用に使うのを喜んで見てくださる方が多いようなので、約半年分の写真をまとめてみました。



そうそう、まとめで思い出したのですが。
投稿記事の外のプロフィール画面へのリンク下にインスタグラムのアイコンがあって、リンクしているので飛べば見て頂けるようにしています。
エキサイトブログも記事内に入れることができるように装備されたようなのですが。
どうも私、アカウントを複数使い分けにしているのが理由か、ブログに貼り付けができないのです。
スマホからしてもPCからしてもうまく表示されなくて。
設定の手順は説明通りにしたのですが表示されないので諦めました。
インスタグラムではねじがお喋りしているかのような文面で投稿しています。
ゆるゆる投稿ですので奇妙に見えるかも…? とも思いますが。
余裕があれば見て楽しんでもらえたらと思っています。

[PR]

# by retz_retz_retz | 2017-08-13 03:02 | 動く猫のねじ | Comments(16)

生の落花生で味噌仕込み

一月に仕込んだ落花生味噌は乾燥落花生をふやかして茹でて仕込みました。
一月の記事はこの文字列を
今度は生の落花生が入手できたのでこれで仕込みました。
幸運にも秦野の生落花生が入手できたのです。
b0239781_10345598.jpg
殻つきのままざっと洗って浸水。
落し蓋を使用して完全に沈めて吸水させました。
生だし季節的にも不安なので冷蔵庫で。
18時間は沈めていたように思います。
b0239781_10381404.jpg
水を変えて鍋に移して。
落し蓋もしたまま完全に沈めてグツグツ煮ました。
殻があるから鍋肌に当たっていても焦げる心配無し。
圧力鍋が寿命を迎えてまだ買い替えしていないので、普通に煮ました。
大豆仕込み味噌と同じですね、望む柔らかさを求めて三時間は煮ました。
b0239781_10420680.jpg
殻から剥いてここでやっと計量できて米麹と塩の量が確定。
殻を取り除きましたが、渋皮というのかな?
乾燥落花生なら茶色い薄皮がありますよね。
生を殻つきで煮るとこの薄皮もふやけて柔らかくなるので剥かずに仕込みました。
殻は剥かずに煮るのが大切らしいです。
フードプロセッサーでペーストにして、塩切りした米麹と混ぜて捏ねて捏ねて空気抜き。
b0239781_10484873.jpg
円筒形の入れ物が無かったので今回はパッキンつきの容器に詰めました。
配合は白味噌同等にしたので、早ければ年内にも完成とすることが可能です。
腐敗に至らないのであれば、通常の10ヶ月熟成で寝かせてみようと思っています。

茹でピーをそのまま食べても美味で驚きましたが、ペーストにして口にしたのも大変美味で驚愕しました。
今まで知らなくて損をしていたかも?
茹でている最中も、はじめは土の香りがしていましたが徐々に落花生の香りが立ち上がってきて。
こんなに香りが豊かだとは。

今後も生の落花生入手できるなら茹でピーで食べたり味噌に仕込むなり楽しみたいです。

そして我が家の可愛いお猫様。
b0239781_11035284.jpg
味噌作りには全く関心ないそうです(笑)
もう、退屈そうに不満鳴きして足元をうろうろ。
仕込みが済んで床を見たら猫じゃらしが散乱していました。
ねじは文句鳴きで疲れたのか寝室にあるケージの自分の寝床でふて寝していました。
当然ながら、拗ねていたのでご機嫌取りがなかなか大変でした。
それでもやっぱり可愛くて仕方ない愛猫です。

[PR]

# by retz_retz_retz | 2017-08-12 10:26 | 猫のねじ | Comments(6)

新しい杖

本日の内容は愛猫の話題ではありませんが。
残しておきたいと思った事なので記しておきます。

時々写真の端に写っていることもあるので、あえて話題にしていませんがご存知の方も多いかと思います。
私は杖を使う生活をしています。
室内で突いて歩くことは少ないのですが、外出時に歩行時間が長くなると足が前に出なくなるので添える物が必要です。
これまでは、昔登山に使用した杖を流用して過ごしていました。
かなり使いにくかったのですが、それようの杖はピンキリなのでどれを選べば良いのか分からず。

そろそろ歪みも生じているので、寿命が近いだろうから新しいものを探す必要を考えていました。
b0239781_21593698.jpg
それが今回、ひょんな事で久しぶりに連絡をくれた友人が同じく杖使い(^^; になっていて。
様々な杖を使ってきてこれは使いやすい! というオススメを教えてくれました。
しかも、プレゼントしてくれたのです。
b0239781_22031031.jpg
はじめは辞退しようとあれこれ話したけど。
昔私が友人にした事で、ずっとずっとお礼がしたいと思い続けていたそう。
もう、20年以上前の話なのに。
熱心に言ってもらえるので、ありがたく頂戴しました。
今の今まで、思ってくれていたことと、友情に感謝する私です。
b0239781_22083551.jpg
さすがと言うか、やはりきちんとした杖は違いますね。
b0239781_22113919.jpg
これまで使っていたのは登山用でしたから、杖の重心が全く違っていました。
重さそのものはさほど違いはないのですが、安定感が違います。
何よりこれ、一本杖なのに自立する(笑)
杖先が大きいのも理由とは思いますが、まさか自立するとは頼もしい。
持ち手(グリップ)も手に優しくて疲れにくい。
b0239781_22145869.jpg
そんなわけで、外出時に使用することに決めたので。
ストラップを作ってつけました。
レザーとリボンを縫い合わせ、カシメで止めた簡単なものです。
杖への取り付けはバリバリテープ…マジックファスナーみたいなものでつけています。
必要以上の力がかかったら剥がれるので、乗り物等で巻き込み事故防止の観点から選択しました。
b0239781_22211229.jpg
友人があると助かると話していた杖ホルダー(杖休めともいいます)も探して購入できたら万全。
今まではストラップで手首に引っかけておいたり、外食など行けば足元の床に倒して置くようにしていたから、テーブルに掛けられるホルダーはあった方が体が楽かな。
杖先のゴムはほかのものでも同じだけど、これは持ち手も交換できるので、傷んできても付け替えできるそう。
杖の金属部がダメにならない限り、延々使えますね。
友人は長さ調整のダボが傷んできたのでドリルで穴を開けてねじ止めしたとか。
塗装が剥げるのを気にしなかったらほぼ永久に使えそう。
杖突きライフ、楽しくやっていきたいです。

[PR]

# by retz_retz_retz | 2017-08-08 21:51 | その他の記録 | Comments(10)

同居記念日6

恒例になった同居記念日。
世間様ではうちの子記念日ですね(^-^)
今年もご飯でお祝いしました。
b0239781_18354568.jpg
お誕生日のより少しだけ控えめにしました。
b0239781_18362307.jpg
こぼしたりもするけれど、きれいに食べてくれました。
美味しかったようです(^o^)
b0239781_18372834.jpg
食後のまったりタイム。
b0239781_18375473.jpg
「撫でれ~」のゴロンゴロン。
b0239781_18382660.jpg
はい、御嬢様!
仰せのままに!(^o^)
b0239781_18391064.jpg
b0239781_18400032.jpg
やっぱり大好き敷パッドの下(笑)
のんびり1日を過ごしたように見えます。

6年、長いようで短いような。
ねじから毎日幸せや和み、癒しを受けているように思います。
相思相愛だと嬉しいな。
次の一年に向けて一人と一匹、仲良く暮らして行きます(^-^)

[PR]

# by retz_retz_retz | 2017-07-28 18:33 | 猫のねじ*同居記念日* | Comments(16)

工作

時々部屋に飾るものを工作します。
今回作ったものは、無意味にネームプレート(笑)
「猫のねじ」と、表記しただけですが(^^;
b0239781_01102097.jpg
b0239781_01103699.jpg
材料は全て100均店で調達。
わざとらしい? とも、思ったけれど。
自分の部屋なんだから自己満上等ではないか!
と、納得しております。
欲を言えば、アルファベットのシールを貼るときにもう少し慎重に間隔を見るんだったな、と思いますが手作り感満載な方がこういうのは良いのかも知れないし。
どうしても気になって気持ちが悪いならやり直しします(^^;
次は何を作ってみようかな。
プレートの文字上に空白がちょっとバランス悪く感じるから、追加でデコるのも良さげに思うし。
楽しく考えます(^-^)

[PR]

# by retz_retz_retz | 2017-07-15 01:07 | 猫のねじ | Comments(12)